ケイカルは有効か? 

カテゴリ:地力

今朝 出勤途中で軽トラの荷台にケイカルを満載したのを見かけました

もうそんな時期になったのかって思いましたけど

我が村でも几帳面な家は毎年ケイカルを入れてます。

いわゆる土づくり肥料ですね。

ケイカルを入れた田んぼと入れない田んぼ

見た感じは全く変わりません

と言うか土はむしろ固くなってる感じがします。

収穫量に影響はあるのでしょうか?

自分の田んぼで施用した田んぼと施用しない田んぼで試してみてはどうでしょう。


稲の成分は約20%がケイ酸である事が分かっています。

単純に計算して1反当たり100kgのケイ酸が必要とされます。

ケイ酸(SiO)はマイナスイオンですので熔脱する分20kgを見込んで

反当120kgのケイ酸を毎年入れてやらなければいけません。

このうち 灌漑水に溶けて田んぼに供給される分が25kg

コンバイン藁の還元で60kg

差し引いた残りの35kgをケイ酸資材で補っていかないと

恒久的に田んぼでの供給が出来なくなることになります。

そこで30%のケイ酸を持つケイカルを100kg施用すれば

バランスが取れると言うわけです。


ケイ酸を十分与えてやることにより

稲の茎葉は固くなり 倒伏に強く

ゴマ葉枯れやイモチ病に抵抗性ができ

葉の直立によって影を作らないので光合成が促進され

登熟歩合がよくなり収量が上がると言うわけです。

どこもそうですが 肥料屋の言ってる事はおおげさなんです。

井原さんは灌漑水からは無尽蔵にケイ酸は供給され

土そのものは本来ケイ酸で出来ている

竹やぶの竹は一度もケイカルを入れた事がなくても

何千年でも自生し ケイ酸を大量に含んでいる

肥料屋に騙されるなって言ってますよ。


元々ケイカルは製鉄所で鉄を作る時にできるスラグを元に作られています。

鉄鉱石を精錬して鉄を取り出す時 溶けた鉄の上に浮かび上がってくる不純物

これに沢山のケイ酸が含まれていてケイカルの原料になるわけです。

つまり製鉄所の廃棄物をお金を出して処理に一役買わされていると言う事。


さてほんとのところはどうなんでしょう

だから自分で試してみるのが一番

ケイカル施用区とそうでない田んぼ

収穫量にどれだけの違いがでるのか?

変化がなければ止めるべきでしょう

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


ブログパーツ