ゆうちょダイレクトの弱点 

カテゴリ:お米販売

お米の販売は完売しましたが まだ注文が来ます。

先日 携帯にメールが入ってきて10kgだけ買っていただきました。


今までは代金を楽天銀行に振り込んでもらってました。

入金があればすぐにメールが来ますので

楽天銀行にログインして即座に確認ができるからです。

この方は楽天銀行に振り込み方が分からなかった方ですので

かねてから準備していた郵貯銀行の振替口座に入金していただきました。

郵貯銀行は 郵便局のATMから入金すれば手数料が80円とかなり安いです。

通帳を使って振替口座に入金した場合 手数料0円かもしれない。

楽天銀行の場合 振り込み手数料は500円を超えますから かなり安いです。


入金の確認は ゆうちょダイレクトに登録してありますので

自宅からネットを使って簡単に出来るはずでした。

お客様から入金しましたのメールが来たので 確認すると

入金額と日付だけが表示されて

振込した方の名前など全くありません。

2日ほどして入出金明細が届きました。

振替口座は通帳がないのでこういう形になるみたい

この明細には 入金者の名前は入っていました。

これでは複数の入金があった場合 即座に確認することができません。

ゆうちょダイレクトに電話して聞いてみましたが

振込人の名前は表示できないとの事

これでは 顧客からの送金をスピーディーに確認したい事業者の方にもお勧めです

なんて事出来ないわけでしょう。


さあ 今年の本格運用に向けて どうしよう

かなり検討し直さないといけないようです。

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


ブログパーツ