来年は苦土石灰を使うつもり 

カテゴリ:肥料

今年は菜の花の肥料に鶏糞を使わかなった

高度化成もしくは無肥料で菜の花を育てています。

有機質資材の良いところは 微量要素をたくさん含んでいる所だと思っていますが

今年はそれに欠けるわけです。

もちろん菜の花を緑肥にすれば 有機肥料になるわけで

高度化成が有機肥料に化けるわけです。

それでも お米の味が今年のような食味にならなかったら

ネット販売どころでなくなります。


それで今からもくろんでいるのが苦土石灰です。


大師匠 井原豊さんは米の食味は穂肥窒素が効きすぎたり

カリが多すぎると悪くなると書かれています。

それよりもカルシュウムやマグネシュウムの効いたお米が

美味しくなるとされていました。


一昨年はリンマグを使ってみたりしましたが

ちょっと価格が高かったので考えものです。


それで来年は 田植えの1ヶ月前に

苦土石灰を20kg施肥しようと思い付いたわけです。


だいたい苦土石灰とはカルシウム・マグネシウムの炭酸塩からできた

ドロマイトと言う鉱物を焼いて作った石灰肥料です。


苦土とは にがいつちと書きますがマグネシュウムは舐めると苦いので

そう呼ばれています。


この苦土石灰はアルカリ性ですので 畑で酸度調整の為によくつかわれます。

ところが近所の農家さんに聞いたところ 

お米も野菜も苦土石灰を撒いてやると美味しくなるとの事でした。

なるほどと納得してしまいましたけど。


マグネシュウムは前に書いたことあるけど

葉緑素の主な成分で作物体内の成長の盛んなところに移動しやすく

またリン酸やケイ酸の吸収も助けるので倒伏にも強くなるようです。

カルシュウムは細胞を活発にし 茎葉を固くし デンプンを糖に変えて

甘味を増す効果があるようで 倒伏にも強くなると言うわけです。

ただ過リン酸石灰のように硫酸カルシュウムの形ではないので

吸収するには少し問題があるようで ゆっくりと効いてくるようです。


さあ良いとこだらけの苦土石灰 V字稲作でも使ってみてはどうですか?

価格は 20kg 540円と安かったですよ。


ただ 苦土石灰は強いアルカリ性を示しますので

弱酸性を好むイネにあまり多量に使うのは好ましくありません。





コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


ブログパーツ