への字とV字の施肥費用 

カテゴリ:への字稲作

数日前に農協から来年の稲作に向けて

肥料の注文書が届きました。

一緒に入っていたのが去年と同じですが

平成24年度水稲早期栽培管理歴です。

肥料の価格表と見比べながら 肥料に掛かった経費を計算してみました。


通常のV字稲作の場合

2月 土壌改良剤 米太郎(ケイカル+BMヨーリン+鉄) 200kg  1030円×10

4月 基肥一発肥料 イネひとふり 40kg  3300円×2

9月 稲わら分解  石灰窒素   20kg  3300円

合計 約2万円です

我が村では 土壌改良材と石灰窒素を省いて 基肥一発肥料を60kgやってるところもあり

それだと 合計 約1万円です。


への字稲作の場合

我が家の今年の施肥体系を振り返ってみると

土壌改良剤 なし  元肥なし 

中間追肥 硫安 20kg 1100円  尿素 5kg 2000円÷4

穂肥 過リン酸石灰 10kg 1450円÷2

合計 約2300円


菜の花稲作の場合

我が家の今年のやり方だと

菜の花の種 5000円  鶏糞 多く見て3000円

硫安 15kg 825円

合計 約 8800円


さて 経費をかければその分収穫量がますのであれば良いのですが

ほとんど差がないか への字の方が勝っているようにも思えるのですが

そうそう それに苗代

V字稲作の場合 23箱×600円=13800円

への字の場合  10箱×600円=6000円


結局 農協の指導通りに作れば  33800円

への字で作れば 8800円

あまりにも差が出ましたね~



コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


ブログパーツ