TPP参加に思う 

カテゴリ:未分類

国内では賛否両論真っ二つに分かれたままで

野田首相 TPP参加を表明しましたね。


以前にTPPと稲作と言う記事を書いた事がありましたが

高い関税に守られてきた農家は壊滅的な被害を受け

現在の食料自給率40%を大きく下回ってしまうでしょう

農協や他の農業団体はこれを盾に大反対をしてるわけです


かと言って工業製品の輸出は 他国からの関税が障害になって伸び悩んでいますし 

日本がtppに参加しないと他の国から大きく遅れをとってしまうわけですよね。

経団連などは強く参加を勧めてるわけです。


ちょっとまてよ

賛成派 反対派 ともに自分の利益にプラスになるかどうかだけで判断してないですか

日本の将来にとってtppに参加するのがよいのかどうかが根本じゃないかな

日本の将来なんておおげさじゃなくても 自分の子や孫が大きくなった時

幸せな生活ができる日本にするには どちらを選択した方が良いかを考えないとね。


もうひとつ言っておきたいのは 仕組まれた罠がある事です

世界を牛耳ろうとするユダヤの罠です。

安い農業製品で農家を弱らせ 食料自給率をどんどん下げていき

いきなり値段を上げたり 不作を理由に輸出を止められると

日本はどうなるのでしょうね

関税撤廃を餌に日本をドツボに追い込んで 思い通りに動かそうとする

ユダヤの影がもうちらほら見えてるのに早く気が付いて欲しいものです。

tppに参加すると非関税障壁になると言って

国民皆保険制度を廃止せよなんて事も予測されていますが

外国企業が日本政府を相手取って裁判を起こす事も考えられるわけで

もうすでにアメリカを牛耳ってるユダヤに思いのままにされるのは

目に見えています。


日本の将来 どうなってしまうんでしょうかね

これはひとりひとりが真剣に考えないといけない問題かもしれません

tppを分かりやすく説明しているサイトがありました。

コメント

Re: TPP参加に思う

私もかずさんの、言うとおりだと思います。
農産物の輸出大国も、今は農産物が余っているので
都合よく何が何でも、輸出しようとしますが。
もし大凶作になったら、どんな条約を結んでいても絶対に、自国民を飢えさせてまで、輸出することは、ないでしょうから。
結果的に兵糧責めみたいになって、大変なことになるでしょうね。
その時、政治家や高級官僚は、想定外、でしたと言うんでしょうね。
困ったものです。
第一アメリカなどは、自国にとってどう転んでも、国益につながると、
計算ずくで、来ているので、幕末の不平等条約みたいに、将来に禍根を
残しそうですね。
  • [2011/11/16 09:23]
  • URL |
  • へのへのもへじ
  • [ 編集 ]
  • TOP ↑

へのへのもへじさんへ

へのへのもへじさんの言う通り 関税撤廃で平等にしようと言ううたい文句ですが結局 
アメリカの思い通り アメリカ有利のtppでしょう。

小さな島国の日本は それでも参加していかなければ取り残されていくのでしょうか?
頭のよい政治家たちはもうすでに分かっているはずなんだけど 
裏では きな臭い事が進んでいるような気がします。

Re: TPP参加に思う

お世話になります。
経済成長=企業成長=国民生活の向上という戦後に作られた考え方を元にすれば、やっと決まって安心した、との気持ちの人も多数いることでしょう。食料難等で日本に住んでられなくなったら、海外に移住する予定でしょうし、もう移住し始めているでしょうね(民主党政権のゴタゴタで移住した人も多いらしいです)。ここ最近ちょくちょくテレビで取り上げられているブータンの国民総幸福的な進み方は、たぶん赤字国債満載の日本には余裕が無いでしょうね(日本がデフォルトするのも近々かと言われてますし)。

TPPによって波乱に満ちた未来が待ち受けているのか、そしてそのあるのか無いのか分からない波乱に対抗できる力を将来的に付けられるのか分かる訳でもなく、あえて淡々と兼業農家をやりながら、波乱を見続けていこうと思います。対抗できないにしても、対応はできるようにしたいところです。もしかして、兼業農家ってどちらにでも転べる最高な立ち位置なのかと・・・。

今ある田圃をアパート経営したり、不動産屋に売却したりせず大切にしていきたいと思ってます。

吉川さんへ

農業に関しては波乱に満ちたと言うよりは 完全にダメになって行くでしょう。
そこそこの味の米が1000円で売られたらそちらに走るでしょうからね。
一生懸命田んぼで米を作って30kg1000円にしかならなかったら続けていけるわけないでしょうからね。
政府の手厚い保護の下でしか続けられない事になるのは目に見えています。
兼業農家がこの対象になるのでしょうか。

あまり楽観は出来ない状態だと思います。

Re: TPP参加に思う

お世話になります。

オーストラリアははコメの関税ゼロらしく、日本米もカリフォルニア米も同じ土俵で勝負してまして、米の価格はこんな感じらしいです。
カリフォルニア産ササニシキ「夢」 6.8キロ = 34.98豪ドル (10キロ=4170円)
カリフォルニア産コシヒカリ「玉錦」6.8キロ = 32.98豪ドル (10キロ=3932円)
カリフォルニア産ブレンド米「錦」 4.4キロ = 19.98豪ドル (10キロ=3683円)
日本産あきたこまち「あかふじ」 10キロ = 59豪ドル (4786円)
日本産コシヒカリ「あかふじ」 10キロ = 59豪ドル (4786円)
豪州で買える日本産最高級コシヒカリ 5キロ = 45豪ドル (10キロ = 7301円)
豪州産SUSHI RICE 750グラム = 4.8豪ドル (10キロ = 5192円)
※今は、オージも円高が進んでますので、もう少し日本円に換算すると安くなってしまいます。

アメリカのAmazonで米がどれくらいの値段で販売されているかと確認すると、だいたい1kg=300円前後っぽいです(計算間違っていたらすみません)。
アメリカから日本に米を輸出するにも、船使って日本に届けて、日本の倉庫に保存して、袋詰めして小売店にトラックで送って、小売店の利益も乗せて、消費者に売るとなると、10kg=300円とかどう考えても無理と思います。

米に関してのみ考えると、テレビで言っているような事は発生しないのではと思います。
健康保険や年金に関しては、狙い撃ちされると思いますが・・・(小宮山さん隠してましたし)。

TPPに参加する参加しないの話が出て、米ばかりが取り上げられてますが、米は単なる反対派の材料に使われているだけだと思います。反対派(特に民主党の一部議員)は実は賛成派とグルなんだとも思います。野田首相がTPP参加表明したら、離党するとか言っていて、離党しませんしね。「民主党の反対派はやっぱり本気じゃ無かったのね。自民党も内閣不信任案出さないのね。」という気持ちです。

外国の陰謀により、日本を乗っ取る・潰すのであれば、時間をかけて食料という兵糧責めをするよりも、日本国債の格下げと利回りを上昇させ、ギリシャのようにデフォルトさせるのが、手間と時間がかかりません。
ギリシャの場合は、ギリシャの国債をフランスやドイツが買っていたので、ユーロ圏ということもあり、ヨーロッパ全体がギリシャをなんとかせねば!といろいろやってます(効果は出てません)が、日本だと国債の95%以上が国内で買われている分、デフォルトするような兆候をみせた場合、他の国はほとんど日本国債で損をしませんので、誰も助けてくれないのではと思ってます。

ぼやきなのですが、一般消費者が1円でも安いモノを求め続ける限り、TPP参加は避けて通れない事だと思います。そうして、国内で工業製品を作ることがさらに難しくなり失業者が増えていく流れなのでしょうね。

前回のコメントで「兼業農家が最高の立ち位置」と記載しましたのは、農業で生計を立てずに家族が食べる分だけを確保する私のスタンスからの考え方からの発言です。ご気分を損なうような発言であったことをお詫びします。

吉川さんへ

意外と外国産のお米高かったんですね。
778%の関税は何だったんだろうって思ってしまいます
私も少し調べてみました。
アメリカで生活してる方がブログを発信してまして
実際のアメリカでのお米の価格を出しています。
http://www.kokusaikekkonblog.com/%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E3%81%AE%E7%94%9F%E6%B4%BB/%E7%94%B0%E7%89%A7%E7%B1%B3%E3%82%B4%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E3%81%AE%E5%80%A4%E6%AE%B5
ちょっとリンクがややこしいですがクリックで見えます。
日本円に換算すると 高いので10kg 4370円 安いので1840円と言ったところでしょうか

とても30kg1000円とは行きませんね。

もうひとつの農業大国と思われていた中国では 食料を輸入する立場になってますからね

と言う事はtppで米の価格が大暴落なんて事は起こらないのでしょうか?

吉川さんのコメント 非常に考えさせられるものとなりました。

Re: TPP参加に思う

お世話になります。

マスコミが言っているような米の10kg=300円といった大暴落はほぼ起こらないと思います。
ただ心配なのは、実際にTPPを締結した後(それより前に起こる可能性も)に、現在1ドル=77~78円の円高がさらに上昇して60円とかはたまた50円という可能性があることです。アメリカがさらなる金融緩和をしてしまうと、投機的なお金が円買いをすることで、今以上の円高が進む可能性がります。
そうなると、アメリカから米を輸入していると、現在より2~3割以上安く日本に入ってくる事が考えられます
大暴落は無くても、そこそこ米の値段が安くなる可能性は高いと思います。

農協がTPP反対の姿勢でしたが、これも小規模な農家に「米作ってもこれからはダメだし、田圃にアパートでも建てようか」と考え方を生み出す一つの手段にしているのかもしれません。私のところには、毎月農協の冊子が送られてくるのですが、「土地の有効利用の為にアパート経営しませんか!」の広告の多いこと・・・。
将来的に日本の人口が減っていくのに、田舎にアパート立てても借りてくれる人がいるのか?と思います。農協にしてみれば、農家がアパート立てる際に5000万~1億円程度の融資をして、利息で儲けようとしているとしか思えません。もしくは、小規模な農家の田圃を手放させて、田圃を集約させたい思いがあると考えられます。農協も一種の企業ですから、お金儲けを考えるのは当然な事なのですが、金融的な面に進みすぎなイメージを持ってしまいます。

数ヶ月前にテレビで農協が商社の丸紅と一緒に中国で日本の米を今以上に買ってもらえるように話に行った事が放送されてました。農協が本気でTPPに反対しているのであれば、TPP賛成派の商社と一緒に行くわけなく、農協独自で行くと思うんですよね。案外、農協もTPPで一儲けを企んでいるのではないでしょうか。

いろいろな事を疑い出すときりがありません。
農協や不動産屋、はたまたマスコミに踊らされることなく、米や野菜を作っていきたいですね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


ブログパーツ