玉ねぎ 植えました 

カテゴリ:野菜作り

菜の花の種まきした後 時間がだいぶありましたので

玉ねぎ苗を買ってきて植えつけました


前に玉ねぎ用に残しておいた畝には雑草が生えてきたので

トラクターで耕転し サラダで畝立てのやり直ししましたが

他の野菜の土寄せも兼ねてやりましたので

4個ある耕転爪の2個を外し

DSCF8320.jpg


後輪の幅を狭くするために ピンを抜いて

タイヤの向きを変え

DSCF8315.jpg

幅の狭い状態にして 土寄せと畝立てをしました

DSCF8310.jpg

今回 玉ねぎ用には 1㎡に尿素1つかみ PK40号1つかみを施肥

全部田んぼで余った肥料です。

DSCF8327.jpg

1.2m畝に 条間25cmで 3条植え  株間15cm です

DSCF8332.jpg

去年は 300本植えてかなりあまりましたので

今年は200本 とりあえず植えました

品種は極早生の濱の宝です

DSCF8352.jpg

さて今回もものになるのでしょうか

コメント

Re: 玉ねぎ 植えました

お世話になります。
私は10/30にタマネギ(中生のOK黄)を700本、11/1に150本ほど定植しました。
種から育てたのですが、播種日がちょっと早くて(9/15頃の大潮に合わせたのが失敗の原因。もう2週間待てば良かったです)、11月中旬に定植予定が、苗の成長が思ったよりも早く、10月末の定植になってしまいました。
もう一つの理由として定植後の散水が面倒だなぁと思い、雨の中、傘を差しながら定植しました。
→おかげで定植後の散水作業は全く無しで済みました。

中田様のブログを拝見しますと、私は株間条間共に15cmですので、条間が狭かったような気がしてます(90cmの1×4材に15cm間隔で6本の長さ5cm程度の円柱をネジで固定して、定植用の穴掘り道具を作りました)。条間が狭いので2月頃の追肥が難しそうな気がしてます。
元肥は暖効性のオール14の化成を1平方メートルあたり50g程度と控えめにしてしまいました。苗が大きくなってくれるか心配です(毎度の硫安液肥で対応するかと・・・)。

定植したまでは良かったのですが、雨の中で作業した為に作業後に身体が一挙に冷えてしまい、お約束通り、風邪を引いてしまいました。さらに持病の発作が5日連続ででて、昨日まで倒れてばかりでした。寒い季節に雨に濡れて無理したら、本当にダメですね。

タマネギの定植が終わりましたので、あとはエンドウの播種とソラマメの定植とサトイモの収穫・次年度に使う種芋の保存作業が残るだけです。倒れない程度にやっていきたいな、と考えております。
→「乾いてカチカチ・雨降ってドロドロ」の転作田にはモミガラと炭素率調整に窒素肥料を適当に振って耕耘しますね。

中田様も菜の花播種作業や、好調なネット通販でお疲れの事もあるかと思います。体調には十分お気を付けて頂ければと存じます。

吉川さんへ

風邪の方は大丈夫ですか?
雨の中での農作業はやっぱり傘よりも防水合羽がよいんじゃないでしょうか。
私の場合ほとんど風邪をひかないんですよ。
なぜかって?例の晩酌 日本酒を毎日飲んでるから体はいつもほくほくしてますからね。

玉ねぎですが11月中頃より早く植えると抽苔(ちゅうだい)や分球が起こるそうで
ちょっと心配ですね。最初の生育を抑え気味にすれば大丈夫かな
オール14を50gであれば窒素量はかなり少なめですので丁度良いかもですね。
ただ条間を少し広く取っておかないと追肥をやる時に根っこが来てしまってたら
病気の原因になる可能性がありますが 私の経験ではあまり神経質にならなくても
筋状にパラパラと置き肥えで問題なく出来たように思います。

植え穴を開ける機械 便利そうですね 今度やってみますよ。

乾いてカチカチの田んぼ 腐植の量を増やして乾いてふかふかに変化させるのが楽しみですね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


ブログパーツ