クローズアップ現代「どうなる福島の米」を見て 

カテゴリ:未分類

当ブログでは 東日本大震災に関して一度も書いた事がありませんでした

口先だけ見せかけだけのお見舞いは無意味だと考えているからです。

現地の方々はほんとにお気の毒だと感じておりますが

一体我々に何が出来るんでしょう。


最近よく言われている頑張ろうニッポン

これもあまり好きじゃない言葉です。


自分が治るかどうか分からない病気で入院してたら

見舞いに来た人が ベットの上から見下ろしながら

頑張ろうねって言ったって

「頑張りたいのは山々だけど どうしようもないじゃないか」って

思ってしまうんじゃないでしょうか

病院に見舞いに行った時は 絶対見下ろしながら話してはダメ

しゃがみこんで 同じ目線で相手の痛みを感じ 共感しながら話すべきです。


頑張ろうニッポン 大きな旅客機に書かれているのを見た時

その塗装費用を寄付してあげればって痛切に感じた時もありました。


そして今夜見た「どうなる福島の米」ですが

昼夜の温度差が大きく 気候風土が米作りにピッタリな福島

美味しい米をずっと提供し続けてたはず

原発事故以降 風評被害を恐れて今年の作付を止めようとしていた農家に

仲買業者が必ず買い取るから約束して お米を作ったんだけど

予備検査で一ヶ所だけ高い放射線が検出され

他は基準値以下 不検出の所もあるくらい

でも米が全く売れないで困ってる。

米農家も仲買業者も 何の悪い事もしてないのに

なぜ こんなことになるんでしょう

ほんとにお気の毒です。


「がんばろうニッポン」あの言葉はどこへ行ったんですか

放射線安全宣言が出された今 福島のお米を進んで流通すべきでしょう


「がんばろうニッポン」口先だけに終わらせたくないですね。

コメント

Re: クローズアップ現代「どうなる福島の米」を見て

お世話になります。
えらく深い話題のブログですね。
その番組は観ておりませんので、番組の内容を把握してない状況で感想を書いてます。

数年前の「冷凍餃子」問題から、中国産と国産を消費者が注視して食料品を買う行動に走りました。時をおいて今回は「福島産」と「福島産以外」の購買行動・・・。
これって、餃子問題の経験を踏まえていれば、ほぼ想定できた「福島産」行動では無かったかと思います。
→「作りたい思い」の生産者の方や「生産者の方から購入して消費者に売りたい思い」の仲買の方の行動が悪いと言っている訳ではございません。「作りたい」「売りたい」というのは、当然の思い(生活の糧でもありまし)だと思います。
→ここ最近「TPP問題」だけ声を大きくしている農林水産庁や「こんにゃくゼリー」だけ目立った消費者庁って、こんな時こそ指導力を発揮してもらいたいのは山々。

結局、売れなかった製品はどうなるのかと・・・廃棄処分になるんでしょうか。
そして「作った」→「買ってもらえません」→「捨てました」→「東電に損害賠償」という構図になってしまうのでしょうか。
これだと、余計に損害賠償額が増えてしまいませんか?(東電擁護している訳ではありませんのであしからず)
だったら、政府は最初から「作らせない」という選択肢も検討すべきだったのでは無いでしょうか(後出し意見ですが)。
「作りたいのであれば作って良いよ」→「放射性物質は検出されなかったので売って良いよ」までは良かったのですが、「買ってもらう努力はしてね」的な放置主義的行動なのでは?
先日枝野さんが、食するパフォーマンスしてましたが、「また余計な行動」で終わってしまいそうです。テレビCMでSMAPやおばちゃんに人気の韓流俳優が食するのであれば、消費者の意識も変わるでしょうが・・・(事務所がそうはさせないでしょう)。

円高介入(どうせ元の円高に戻ると思いますが)に数兆円つぎ込むぐらいなら、こちらにいくらかの資金を投入した方がよっぽど国民も納得できた政府の行動だったのではと思うこの頃です。

吉川さんへ

「どうなる福島の米」はNHKのサイトで短い動画が残っています。
http://cgi4.nhk.or.jp/gendai/kiroku/detail.cgi?content_id=3113

番組のあらすじもありました
http://cgi4.nhk.or.jp/gendai/kiroku/detail.cgi?content_id=3113&html=2

東電の米に対する補償方針は
作付断念 作付・全廃棄 収穫後廃棄 出荷・全返品 などで

今回のようなケースはどれにもあてはまらないとか
米の仲買業者の行く末が心配です。

吉川さんが言われるように 政府は米作りに関して
あまりにも放任しすぎた感があるように思います。
最後は誰が責任を取ってくれるんでしょうね。


Re: クローズアップ現代「どうなる福島の米」を見て

お世話になります。
リンク先のご提示、有り難うございます。動画とあらすじ、拝見しました。
仲買業者の社長さんが「なんて地元思いの方」なんだという思いと、「あぁ、やっぱり販売先はこういう行動に出るのか」という感想を持ちました。

国は最終消費者が「福島産は安全だし美味しいから買う」気持ちになるような誘導策の実施、また仲買業者と小売りの間に存在する企業には何らかの優遇措置でもしないと、これから「福島産」の様々な製品がどうなるのかと思われます。TPP絡みもあって、農水省はそうしたくても他の官庁がさせないとかいろいろと事情はあるのでしょうが・・・。
NHKには引き続き仲買業者さんの状況を報道してもらいたいと思ってます。

吉川さんへ

そうですね。
あの仲買業者さん 大きな負債を抱えてしまうのでしょうか
いや 結構切り抜けていくのかもしれません
これからもがんばってほしいものです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


ブログパーツ