肥料の三要素 

カテゴリ:肥料

ふだん何の気なしに与えてる肥料ですが

ほんとは何をどれくらいやったらよいのか

肥料によってどんな効果があるのか

そして農協の指導をうのみにしてよいのか

疑問に思えませんか?

で 少しづつ勉強するしかないですね。


以前に田んぼから持ち去るものと言う記事を書いた事がありましたが

肥料は この持ち去ったものを補っていく役割があります。

ダイコンは根を ほうれん草は葉を そして稲は種を収穫するわけでしょう

そして植物の体の構成材料でありながら 光合成によって作れないものを

与えるのが肥料だと考えています。


中学生くらいの時かな 確か勉強したと思うのですが

特に植物が多量に必要としているのが 窒素N リン酸P カリK の三要素です。


窒素N  主に植物を大きく生長させる作用がある。特に葉を大きくさせやすい為に

     葉肥と呼ばれています

     植物に必要なたんぱく質を作る為に必要なのが窒素です。

     窒素を与えると葉色も濃くなり急に成長したように見えますが

     過剰に与えると軟弱になり 病害虫や風雨に弱くなります。

リン酸P 花肥(はなごえ)または実肥(みごえ)と言われています。

     光合成やさまざまな物質合成に欠かせないものです。

     リン酸が不足するとあまり成長せず果実も大きくなりません

     過剰に与えても害が出にくく流亡もしにくいようです。

カリK  主に根の発育と細胞内の浸透圧調整に関係するため根肥(ねごえ)といわれています

     植物の身体の構成材料ではなく 生理機能を順調に進めたり
 
     整えたりする働きがあると考えられています

     過剰に与えるとカルシュウムやマグネシュウムの吸収を阻害するようです。


さあ 基本の三要素 少しは分かってきたような

まだまだすっきりしないですね


への字稲作では 硫安(窒素単肥)だけで

あれほどの収穫が出来たのですから

ほんとのところは どうなんでしょう

井原さんは リン酸は土中にすごく多く蓄積してるし

カリは水が運んでくるから必要ないんだとか書いててみたいでした。


コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


ブログパーツ