への字稲作とは 

カテゴリ:への字稲作とは

への字稲作とは 故 井原 豊さんが提唱した方法で

肥料を元肥なしで初めて 穂肥えもやらない

ただ 出穂45日前ごろに 窒素肥料を与えて  後はゆっくり肥効が覚めて行く

この肥料の効き方が 文字のへの字に似てることから への字稲作と呼ばれています


これに対して

一般的に行われている稲作は  初期茎数確保型で

田植えと同時にやった元肥で どんどん分げつを出し

20本を超えたころから 中干しと窒素の中断をして 分げつを止めます

出穂2~3週間前から 穂肥えを与えてまた稲の色を濃くしていきます


つまり 肥効の現れ方が文字の Ⅴの字に似てることから Ⅴ字稲作とも呼ばれています



への字稲作は 中後期分げつ型の稲作ですので 疎埴 薄植え を基本とします

関連記事   追肥前    出穂前   稲刈り


への字稲作イメージ                    Ⅴ字稲作イメージ
への字2Ⅴ字

への字稲作を写真を使って詳しく説明している本がありました
井原豊のへの字型イネつくり          

井原豊さんを追悼記念の本です
井原死すともへの字は死せず



コメント

Re: への字稲作とは

以前、今年からへの字でいくつもりとコメントしたものですが、大笑いの経過です。
昨年、ムギ用に施肥のみで播種できず。草が異常に成長したので、肥料はある程度消費されたかと思いましたが、出穂45日前になっても全く他の田と葉色が違わず、元肥、追肥なし。
昨日20日前の穂肥を使いましたが、これじゃまるでV字ですね。

マタゾウさんへ

いつもブログ見ていただいてありがとうございます

麦用に播いた肥料の肥効が残ってしまって Ⅴ字稲作の元肥と同じになってしまったわけですね
もし元肥をやってたら効きすぎて困ってたかもしれませんね

バケツ稲を育てて分ったんですが 植え付け本数が少ないほど葉色が上がりやすく 肥効も落ちにくいようです

への字育成してなくても 疎埴 薄植えで必ずいい結果が出ると思いますよ

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


ブログパーツ