収穫ロスを少なくするコンバインの使い方 

カテゴリ:稲刈り

以前にコンバインの収穫ロスと言う記事を書きましたが

その収穫ロスをなるべく少なくする使い方をまとめてみました。


その前に別記事 手刈りなしの稲刈り方法 手刈りなしの稲刈り方法 その2

も参考にしてください。


収穫ロスの原因は 深扱ぎ 過負荷 などが主ですね



深扱ぎにならないようにするには 刈り取った稲の長さが

揃っている必要がありますね

短い稲があると扱げてないような気がしてどうしても深扱ぎにしてしまいます

DSCF3622.jpg

それで 稲の長さを揃えて刈るには 条刈りする事です


横刈りすると刈り幅より広く刈ってしまうので

株の高さが一定になりません

DSCF3568.jpg


周回刈りでは 横刈りの時に短い穂が入ってしまいます


枕でコンバインの旋回が十分できるようになったら

早めに中割をします


なるべく条間がそろったところを選んで

DSCF3626.jpg

このときだけは 2条刈りでも3条かけて刈りますので

ゆっくりと刈り進みます


中割り以降 横刈りはせず 中割した部分を広げるように刈ります

DSCF3632.jpg

枕字ではバックに入れないで前進のまま大きく回ります

こうすることでかなりの時間短縮になります

DSCF3634.jpg

中割り部分が広くなってきたら 横刈りをしないで外側も刈ります

この時もバックに入れないで前進のまま大きく回ります


中割する位置をよく考えて 空走りの距離を短くするようにします


なるべく無駄な動きをしない刈り方だと ゆっくり刈っても

トータルで時間短縮になり 過負荷にしなくてすみますよね


条刈りを考慮した効率のよいコース取り

一度試してみてください



コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


ブログパーツ