ぬかるんだ場所のコンバインの使い方 

カテゴリ:稲刈り

一枚の田んぼで 用水に藻が生えて水位が上がり

水が入ってしまった田んぼがありました。

DSCF3516.jpg

それで稲刈り前に この藻を引き上げて水はけを良くしたんですが

DSCF3524.jpg

やっぱり水が入ってしまい 稲刈りの時

この水口の近くは かなりぬかるんでしまいました。

DSCF3615.jpg

こういう場所では コンバインのクローラー(走行部)が沈み込みながら進みますので

その分 刈り取り高さを上げ気味にします。

DSCF3636.jpg

同じところを走ると 前より柔らかくなっているので

条刈りしている場合は コンバインが右に傾いてしまいます。

これを体で感じながら 刈り取り高さを思い切って上げていきます。

何もしないでそのままの高さで刈り進むと デバイダーが土にめり込んだり

稲が株ごと持ち上がってきて 刈り取り部やカッターに詰まります。


また 枕字で旋回する時は なるべく同じ場所を通らないようにします

DSCF3633.jpg

この写真では その場旋回していますが

方向変換は なるべく大きく広い範囲でした方がにじりこみにくいです。

DSCF3635.jpg

もしもコンバインが動かなくなったら

クローラーを動かすたびににじりこんでいきますので

悪あがきせずに 太い丸太などを早めに敷き込んで対処しましょう



コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


ブログパーツ