手刈りなしの稲刈り方法 その2 

カテゴリ:稲刈り

窪地でうまく行ったので 続けて手刈りなしを実行しました



入口が左の田んぼ 菜の花の大地です

DSCF3592.jpg


ここでも畦際2条を残し まっすぐに刈りながら入りますが

コンバイン2台分くらいの距離を刈ったらバックし

DSCF3593.jpg

田んぼから出て となり2条を刈り広げながら入りなおします

4回くらい繰り返すと コンバインの向きを変えられます

DSCF3595.jpg

あとは前回と同じように 畦際2条を残し

隅は刈り広げながら 田んぼを1周します

こんな感じで残っていきますね

DSCF3596.jpg

3周くらい回ったら またコンバインの向きを変えて

逆刈りで畦際を刈って行きます

ナローガイドを上げ忘れると コンクリートの畦畔にあたって

機械を大きく傷めますので気を付けてください

また ナローガイドを全部上げると 株元が引っかかって

きれいに稲が送られません

DSCF3607.jpg

コンクリートのぎりぎりを刈りますので

必ず 立ち上がって覗きこまないとコンバインを傷めます

DSCF3608.jpg


この方法だと 手刈りしたのを脱穀するときに藁がかたまって落ちることもなく

暑い中 手作業の量をかなり減らすことができて

能率よく稲刈りができました。


コメント

Re:手刈りなしの稲刈り方法 その2

二条コンバインで手がりなしのやり方を、考えています。なにしろ高齢者で、とてもやってられなくなっていますので。畦際の手がりをなくすには、やはり田植えの時に畦から40cmくらい内側に植える方法になりますね。四隅は植え残すか/手がりか。写真付きの解説はとても参考になりました。ありがとうございました。

わびすけさんへ

逆刈りで刈るのをうまくすれば田植え機でギリギリまで植えてもコンバインで
十分刈る事が出来ますよ。
四隅も田植え機だけで植えたのならほとんど残らず刈れるはずです。
手植えしたらその分は残ってしまうでしょう。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


ブログパーツ