乾燥機の水分計 

カテゴリ:2010年稲作

久しぶりに青空が見えました

四国地方は梅雨明けがそこまで来てるんでしょう


稲刈りはまだまだ先の事ですが 

去年 農協に出荷した米が過乾燥でしたので

乾燥機の水分計を見てもらうことにしました


農協から修理屋さんに来てもらいましたが

ちょっと掃除しただけで修理しないで帰りました


いろいろと話を聞かされました

その内容です

①稲の穂は 水分が穂先と元とで7パーセントくらい差がある

②乾燥機の中の籾は全て同じ水分ではない

③したがって仕上がり水分もばらつきがある

④乾燥機が停止して直ぐ籾すりすると 水分の多い未熟米が
 選別されて正常な米だけになると米袋の中で乾燥が進む

⑤乾燥機が停止して半日以上そのままにすると
 乾燥機の中で水分の多い未熟米から正常な米に水分が移動するので
 籾すり後の水分は高くなる


乾燥機の水分チェックのパターン

 停止水分を15%にすると

 運転中 15分(メーカーによって違う)おきに水分をチェックしながら
 
 熱風温度を調整 

 仕上がり水分15%になると 15分置きにもう2回チェックし

 2回目に高い水分がでるとそのまま運転を続ける

 2回目も15%以下であれば停止する


と言う動きをしているみたいです



水分計のテストの方法 があります


穀物補正のダイヤルをテストに入れます

DSCF2833.jpg

停止水分を適当に設定し 15%くらい

熱風運転します

もちろん乾燥機の中は空っぽで大丈夫です

しばらく待つと乾燥機が止まります

このときに表示されている水分の値が 

設定した停止水分と1%未満であれば正常

1%以上あれば水分計が壊れているとの事でした


水分計が壊れている場合 水分を自分で測りながら運転もできます

モミを巡回するための昇降機にサンプル取りだし口があります

DSCF2837.jpg

サンプル容器の向きを変えて差し込むとサンプリングできます

自分で水分値を測りながら タイマー運転で停止させるしかないでしょう





 
  
【送料無料】ケット科学(Kett) [Fライスタ] 米麦水分計ケツト科学(Kett) [Fライスタ] ...

 

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


ブログパーツ