京の春は収穫終わり 

カテゴリ:菜の花(つみ菜用)

11月5日から出荷してた早生品種の京の春ですが

色が悪いのを残しておいたら花が咲き始めてしまって

20200111_160404.jpg

これを切り落として新たに蕾が出来るようにする手間がなくて

価格も○秀になるので一束100円と安いことから

収穫を終わることにしました。


2回目種まきの中手品種花かざりは出荷最盛期で

一日4箱程度収穫できてます。

20200111_160526.jpg

気温の高いときから育ててるからかなり大柄になり

四日ほど前の大風でかなり倒れましたけど

起しながら足下に土を寄せてなんとか収穫を続けてます。


3回目種まきの花かざりですが冠水してだめになったところがあり

何度も植え直したのでドカスカの出来

20200111_160655 (4)

今は親の花蕾を芯止めしながら出荷できそうなのは出してます。


そして最後に種まきした伏見88号ですが

心配してた雑草のスズメノカタビラがいっぱい生えた。

20200111_160811 (3)

草削りをしてみたけど全くうまくいかない

それで除草剤のバスタを使ったけど株元いっぱいまではやれない。

こちらは気温がだいぶ下がってからの生育になるので

大きくなるのが遅い

さてまともに蕾ができるのか心配してます。

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


ブログパーツ