菜の花 花かざりを植えた 

カテゴリ:菜の花(つみ菜用)

台風の影響で雨がかなり降りましたが

その前日に苗を植えました。

20190923_082301.jpg

種まきから2週間ほどですのでまだ小さかったですが

なんとか2100本ほどを一人で植えることが出来ました。


以前に田んぼに直まきした京の春ですがなんとか芽は出てきたものの

雑草がいっぱいで田んぼ全体が青くなってます。

20190923_151626.jpg

いつものように「けずったろう」で草を削り取ってますが

かなりの時間が掛かりそうです。

20190923_151605.jpg

そして一番最初に植えた徒長した苗ですが

なんとか大きくなってきてます。

20190923_151704.jpg

写真でも分かるように畑でも徒長気味で

根っこが伸び上がってます

土寄せしてやらないといけないけど

除草がおわってからですね。

明日から2日間ほど旅行に出かけるので

なかなか手が付けられそうにないです。


今年から使ってる手動式苗植え機

動画にしました。




コメント

施肥について

いつもブログおよび動画で勉強させていただいています。
菜の花の肥料設計についてですが、かずさんの畑ではどのような設計をされていますか?
元肥、追肥それぞれを教えていただきたいです。

加えて、花芽形成する時期にリン酸が多い肥料(リンスター)の施用を考えているのですが、いつごろ施肥するのがベストですかね?

ご回答よろしくお願いします

東京の農家さんへ

我が家はJAの栽培基準に従って菜の花を作っています。

稲刈り後に稲わら分解のために石灰窒素反当40kgを入れて耕転
土作り資材は種まきや苗植えの半月から一ヶ月前に鶏糞300kgと苦土石灰120kg
畝立て前に元肥なのはな280(N12 P8 K10)反当120kg
追肥はNK808(N18 P0 K18)種まきや苗植えの一ヶ月後に20kg
その後は2週間毎に同じくNK808を20kgずつ入れていますが
色が薄い場合は液肥をやったりメリット青の葉面散布をしています。
暖かすぎて葉が大きくなりすぎた場合にリン酸の葉面散布をしたこともありましたが
取り立ててリン酸を使ったことはありません。
花芽をたくさん出すにはメリット赤(リン酸とカリ)の葉面散布がよいかと思いますが
色が薄くなることもあると思います。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


ブログパーツ