への字追肥しました 

カテゴリ:2019年稲作

今年は定点観測を止めてますので葉齢がはっきりしませんが

だいたい6.5葉か7葉くらいになりますので

への字追肥を6月1日から3日間でやりました。


菜の花跡以外はMリンpk15kgと硫安は今年25kg入れたんですが

Mリンは5月12日に業者さんのところで混合に行って

20190519_094130.jpg

材料代だけで提供してもらえるのでたくさん来てましたね。

20190601_082049_Moment.jpg

家に持ち帰りオクラのトンネル用に使った農サクビを掛けて

温度がなるべく上がるように外に置いておきました。

Mリンは一緒に混ぜるMリンカリンと言う酵素が過リン酸石灰を発酵して

吸収しやすい形に変えてくれる物で

積算温度が300℃必要です。

SnapShot(1)_20190605085649a84.jpg

田んぼで流し込みの間に少し調べてみた

平均的な株で茎数7本 草丈28cm カラースケール 5でした。

SnapShot(2)_201906050856501bd.jpg

隣との比較では一週間ほど遅れて植えた

隣の田んぼ(左)がかなり賑わしい

これから一気に追い抜きますよ。


菜の花の栽培あと(左)の田んぼはかなり色が濃くて

分げつもだいぶ進んでます

SnapShot(4)_20190605090233adb.jpg

ちょっと出来すぎで倒れるかもしれない

Mリンpkだけを15kg入れたけど

も一度10kgほど入れようかと思ってます。


こちら多収品種のオオナリですが

ここも菜の花跡だけど多肥で育てるとのことで

Mリンと一緒に硫安10kg入れました。

SnapShot(5)_20190605090615a43.jpg

さてどうなることやら ここも倒れるかもしれんなあ・・

現代農業7月号にまた記事を書きました。



一応動画でクッチャベッてます。



コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


ブログパーツ