菜の花にリン酸の葉面散布 

カテゴリ:2018年稲作

テレビの取材のあとは忙しい日が続いてます。

早生品種の京の春は時期をずらして2回蒔いてたけど

その両方ともを収穫中だし

中手の花かざりは親の花蕾が出てきてそれも見て回ってるので

結局2反分を全部見てるから4時間ほどかかるし

束にする作業も間に合わないから手伝ってます。

気温が高いので野菜の値段も暴落してるとのことで

菜の花も200円を切ってきました。


気温が高いと樹の勢いがよすぎて葉っぱが巨大化して

花蕾が付きにくくなるのと

3年ほど前に手痛い目にあった花腐れ病が出そうで心配してます

それでリン酸の葉面散布で引き締めてやることにしました。

ホスプラス

ホスプラスという葉面散布剤で亜リン酸とカリが成分

リン酸は花肥と呼ばれるように花蕾の発生にはよいはず

それに徒長を押さえて樹ぼけを防止できると思ってます。

動画です



それから朝日放送のなにこれ珍百景で放送されたのが

ものすごく影響されてびっくりしてます。

YouTubeの視聴回数が10倍に跳ね上がるなどびっくりしてました

やっぱりテレビの影響はおおきいですね。

番組を見逃した方は
こちら
で見られます


コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


ブログパーツ