餅米の稲刈り 

カテゴリ:2018年稲作

今年初めて作ってみたもちですがいつ頃刈るか見当が付かない

田植えは5月17日だったので4ヶ月は経ってるけど

いつもの判断材料の一次枝梗の黄化はまだ進んで異なようにも思う

20180919_101647.jpg

それでも20日から天気が悪いようなので思い切って稲刈りしました。

最初の周回刈り2周目くらいからコギ胴に入っていく量がものすごく多くて

これは心配していた収穫量が十分確保できると思っていたら

ベルトがスリップして脱穀周りが回転が落ちてたみたい

刈り取り部と別だから刈る方はどんどん刈るからつかえてきたみたいでした。

このままではVベルトがだめになると思って修理屋さんに来てもらった。

20180919_121928_20180920062846704.jpg

ベルトの位置がよく分からなかったけど 結局脱穀クラッチのもとの

調整ボルトでベルトを張ったら直りました。


あの台風以降に虫も吹き飛ばしてくれてるだろうと思ってたけど

アオクサカメムシがいっぱい居るのを見つけてたので

スタークルを10日程前にやってたんだけどやっぱり沢山居たみたいで

20180919_120835.jpg

刈り取った籾の中にだいぶ入ってます。

乾燥機に入れてからは4時間ほど送風だけにしましたけど

やっぱり入ってるだろうな。

これがひどいとカメムシの死骸がお米に混ざる

まえに嫌な経験をしたからね。

籾すりしてみて残るようだったら色選別機に掛けてもらうしかないでしょう。

20180919_132101.jpg

稲刈りしてたらトンビがやってきて最後にはいっぱい増えてました


このあとよその田んぼの畝立てをしてあげたりやっぱり忙しくしてましたよ・・

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


ブログパーツ