今年もへの字栽培まっしぐら 

カテゴリ:2018年稲作

ようやく田植えも終わって少しはゆっくり出来そうです

飼料用米の低コスト加算申請用に疎植栽培の写真を撮ってきました。

004_201804180654234c0.jpg

今年も坪37株 30cmの正方形植え

苗の掻き取り量を少なくしてるのでこんな状態

疎植栽培の申請はもう一枚田植え機設定の写真もいる

011_20180418065813e30.jpg

ブログに残しておけば必要な時に出せるだろう


地力資材なし 元肥なし 苗の量は半分

これがへの字稲作

そう言えば肥料代も窒素の単肥とMリンを使うから

かなり安くなるかもしれない。

それに流し込み施肥だから田植え機に肥料を入れて植えるより

楽かもしれない。


でもまあ薄植えだと欠株は出来る

012_201804180705483bd.jpg

ひとつ飛ぶと60cmの正方形で空間が出来る

007_2018041807055020d.jpg

苗が悪いと連続して欠株が出来てます

目も当てられないけど 補植はしません。


あのジャンボタニシが居るのに高低差がひどかった田んぼは

001_20180418071423211.jpg

水を入れてみると思ったほどでもなく何とか乗り切れそうです。


そして最初に植えた田んぼ大雨以降に除草剤を入れたが

4日目でもまだ土が見えてない

003_201804180714254e1.jpg

ばっちり効いてくれるといいんだけどね。

他の田んぼは水がなくなるのが早いのもあり

心配の種は尽きませんけどね・・

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


ブログパーツ