極端に水持ちの悪い田んぼの対策 

カテゴリ:2018年稲作

田植えは順調よく進んで終盤に入ってきました。

早朝に先に植えた田んぼの水あてをやってますが

昼ごろには水がなくなってる田んぼがある。

ジャンボタニシが居るのでこの程度の水を入れて
008_20180415044138600.jpg

お昼には

006_201804150435019d7.jpg

こんな状態

ジャンボタニシが居る田んぼで細心の水管理が居ると言うのに

困ったことになりました。


田んぼの水持ちが悪い原因は下に浸透していくか

畔からの漏水がありますが

ほとんどの場合 畔から水が流れ出ているのが原因です。

どこから漏れているのかを特定するのには

田んぼの水が濁っている場合は その濁り水が出てる場所を探す

今回は水口の下から出てたようです。

用水側の水位が上がると田んぼに水が噴き出してしまう

この時に水の道が出来てしまい 用水の水位が下がると

そこから田んぼの水が抜けてしまいます。

それでこんなのを作った。

008_20180415043505832.jpg

隅の方だったので漏水場所より内側で堰をして

水を入れる時は 板の切れ込み部分から入るようにしてる

010_2018041504350359b.jpg

少し掘り下げて板を沈め 再度土を寄せて設置しました。

013_20180415043505736.jpg

水を入れてみると思惑通りにいってます。

さて水入れが終わって

漏水場所からの水漏れは無くなったように思うけど

しばらく様子を見ないとね。

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


ブログパーツ