代かき開始 

カテゴリ:2018年稲作

周りの家は次々と田植えを始めてますが

我が家は現代農業の農文協さんが見に来るとの事で

二日ほど遅らせた代かきをようやく始めました。


東京からわざわざ見に来るほどの事でもないと言ったんだけど

やっぱりカメラマンの方とその奥さんとで3人見に来てました。

それに浅水代かきに興味を持たれてる取引先のお米屋さんから

我が家の長男も来て田んぼの周りで立ってると目立ってました。

遠くから来てもらってるのに結果が出ないと気の毒だからと

農文協さんの希望通り 普通の稲藁漉き込み田で浅水と深水

菜の花の漉き込み田でも浅水と深水をやってみて

どれだけ土に残渣を埋め込めるかを試してみたり

高低差直しでは ハローのレベラーを立てて土引きしたり

正転と逆転での土引きやロータリーのPTOをニュートラルで

土引きをしたりといろいろやったものだから時間がかかった。

001_201804090638472d6.jpg

周りでやってる通常の深水代かきでは

高低差が全く分かりにくく 残渣の浮き上がりもあって

水を落としてから再度仕上げ代かきをしてる所ですが

水が少ないときれいに仕上がってるのが分かりますか。


004_201804090638527dc.jpg

今年から延長レベラーをリモコンで操作できるようにした

以前はワイヤーで引っ張って開閉をしてたけど

このワイヤーが引っかかってよく切れたからね。


もうひとつ哀れだったのが菜の花漉き込み田の深水代かき

018_20180409063850ad4.jpg

こちらも残渣の浮き上がりがひどく 田植えが出来るのか心配なくらい

水が深いと横に流れて埋め込む事が出来ないようです。

016_2018040906454893a.jpg

もう一枚の菜の花漉き込み田は極浅水で仕上げた

水を張った状態ですが残渣の浮き上がりはほとんど見られません。

農文協さんが帰ってから長男に代かきを任せたけど

007_20180409063852901.jpg

周回耕ではハローを畳んで立ちあがりながらやってました

やっぱり慎重派だから機械を痛めることも少ないでしょう

最後の一枚を最初から任せて 苗を取りに行ってました。

今年初めて試してみる五百川と言う品種

見能林の農家さんに頼んでたんで遠くまで取りに行ってました。

013_2018040906385467a.jpg

海水を汲みあげる為に買ったポンプ

西岡商会のmさんに教えてもらったホースを買ってあったんで

田んぼの出口で水洗いしてきたけど

トラクターを洗うのにはちょうど良い感じでした。

すぐにまた使うけど道路に土を落とさず気持いいからね。

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


ブログパーツ