菜の花の苗 底面給水で作る 

カテゴリ:菜の花(つみ菜用)

8月14日に種まきした早陽1号は結局徒長してしまった。

003_201608280544333bb.jpg 

徒長を抑えるために水遣りを朝だけにしたら3分の2ほど枯れて来て

使い物にならなくなったので、サカタのタネに電話して聞いた見たけど

これと言った対策もなくあきらめていた。

農協の指導員に相談したら底面給水にしたら徒長しないとのこと

水を上からやるのではなく下から吸わせるのがよいらしい。

苗作りは真夏と真冬が難しい

ブロッコリーのスーパーセル苗は底面給水で育て わざと老化苗を作る

いつまでも置いておけるし、圃場に植えると活着よい。

これに習って菜の花の苗も底面給水で育てるとうまくいきそうです。


001_2016082805443449f.jpg 

我が家にずっと前からある縁台(イッキャク)を改造しました。

3cm角の角材を縁台に取り付け、セルトレイが12枚並べられるように

少し延長した。

004_20160828054435440.jpg 

これで3cmの深さに水が溜められる

この上にトンネル栽培で使うビニールを広げ

005_20160828054436b57.jpg 

水が平均に溜まるように足の高さを調整した。

009_201608280601022c8.jpg 

大雨が予想されるので一部分切り離して 緊急に排水する部分も作り

011_20160828060103ac4.jpg 

雨で叩かれないようにカンレイシャを上にかけてあります。

さあ うまくいくのか これもひとつの経験でしょう

予定よりも2週間も種まきが遅れたが

田んぼも石灰窒素を撒いて耕運し 準備を進めています。




コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


ブログパーツ