お米の食味アップを狙って海水の流し込み 

カテゴリ:2016年稲作

以前に農業委員会の冊子で見かけた海水の流し込みを始めてます。

反当20ℓを流し込むことで食味計の数値が10ポイント上がったとか

たぶん一桁間違ってるだろうと思うけど

去年までにがりを流し込んだのと同じで 天然のマグネシュウムやカルシュウムが

米の食味をあげることは間違いないと確信してます。

001_20160717154412e97.jpg 

海水をくみ上げるためにわざわざ口径25mmのエンジンポンプを買った

ホースがカップリングに入りにくかったけど熱湯に浸けたら簡単に入った。

中島港の岸壁に行って汲み上げてきました。

後からよく考えてみると港とは言え 川が流れ込んでいて少し薄まってる感じで

舐めてみると少し塩辛さが少ないような感じがして

最初は30ℓ 4枚目の田んぼから40ℓ流し込みました。

005_20160717154414007.jpg 

流し込み施肥は何度もやってコツがつかめてきてるから

20ℓのポリ缶で量を計りながら 一気に流し込み

その後 かなり深水になるまで水を入れ続けました。

006_20160717154415ff4.jpg 

穂はこの程度だから2割くらい出てる状態です。

少しくらい時期がずれても大丈夫と思うけど

籾にでんぷんが詰まっていく段階で効かせるのがよいと思う。

さて効果のほどはどうなんでしょう

実際に稲刈りして食べてみないと分からんな~・・


エンジンポンプなんだけどネットで買ったらかなり安く買えた

水量も多いし水圧もそこそこあるので農業機械の洗車にももってこいみたい




コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


ブログパーツ