菜の花の価格は気温に反比例する 

カテゴリ:菜の花(つみ菜用)

しばれるね~ ようやく本来の気温になってきたか

去年の暮れから異常なほどの気温が高く

野菜の価格が暴落した記事を書いたけど

寒くなりだしてから菜の花の価格は毎日10円づつ上昇してきた。

毎年感じてることだけど、やっぱり収穫量は気温に影響される。


だからどうしたって?

価格を予想して収穫量を調整すればよいんですよ

007_20160118064715d0b.jpg

通常はこれくらいの蕾を収穫してるんだけど

気温がまだまだ下がるようだからそのまま残しておく

花が咲いてしまうと出荷できないけど それまでに4日くらい期間がある

002_20160118064717ab3.jpg

でも油断するとこんな感じで咲きはじめます。


気温が上がって値段が下がりそうだったら若取りして早めに出荷

これくらいは考えて収穫しないとね。


指導員の話では葉物野菜のキャベツや白菜などはまだ低迷してるけど

花蕾を収穫する菜の花はブロッコリーは品薄感が出てきて期待できそう

しっかりと肥料をやってこれから収穫量を伸ばしてくださいとの事でした。


最近では尿素を反当10kgほどやったけど思ったほど色が上がってこない

004_20160118065655f97.jpg

畝間の雑草が肥料をみんな食ってしまってるんだろう

012_20160118065657580.jpg

れいの逆転管理機を少しずらしながら往復して畝の肩の雑草も除草した

これからは液肥を使ってしっかりと肥料を効かせてやるつもり

厳寒期は硝酸態窒素がよく効くはずだからね。

009_20160118065659a3c.jpg

奥の方で黄色い花が咲いてるのは収穫を終えた春蕾

まだ時々気まぐれに収穫して㊝で出荷しますヨ~ン

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


ブログパーツ