ちびないトラクターの爪 

カテゴリ:トラクター

そんなもんあるはずないと言う人がほとんどでしょうね。

ところが出来たんです。


我が家のトラクターは去年の3月に新しいのが来ました。

爪は新反転爪が付いているのですが現在の爪の状態です。

001_20150915131846988.jpg

約1年半の間に1町7反を4回耕転 そのほかにも砂地の畑などを耕してきた。

泥が付いて分かりにくいですがもう少しアップで見ると

005_201509151320015f6.jpg

こんな感じで全くと言っていいほどすり減ってないです。


トラクターの爪はいつも土を起こしているので常に摩耗します。

摩耗に強い爪にするには材質を固くすればよいのですが

固くすると折れやすくなる。

それで折れにくい爪に表面に固い材質のものを肉盛りして

爪を長持ちさせるようになってます。

通常は土の抵抗を受けやすい部分 つまりちびやすい所だけに

肉盛りされています。


この肉盛りを重機の爪などに使う もっと固い肉盛り棒で肉盛り溶接したんです。

しかもちびやすい面だけでなく縁をぐるりとやってみました。

これで全くちびない爪が完成しましたね。

この状態だと数年は持ちそうに思うけど どこまで耐えるか楽しみです。



PS

新車の爪はちびにくいようで新車についてた爪と同じものが欲しいと

機械屋さんに言ってくるそうですが

実は新車のうちはロータリーカバーに土が付着しにくいので

爪が長持ちする

ロータリーカバーに付いた土も摩耗の原因になるらしいです

メーカーでは新車のために特別に爪など作ってないとの事でした。

コメント

Re:ちびないトラクターの爪

磨耗しない爪ですか。いいですね。砂地などでは減るのが早いですからね。LBかなんかの溶接棒でご自分で肉盛りしたのですか。溶接後の平面化がうまく出来ていないと土との摩擦が増えて燃費が増すこともあるでしょうね。
  • [2015/10/02 07:46]
  • URL |
  • 真似してみたい
  • [ 編集 ]
  • TOP ↑

真似してみたいさんへ

爪の硬化肉盛りはLBの溶接棒では効果が薄いと思います。
私が使ったのは日本ユテクと言う会社が販売してる外国産の溶接棒で
かなり固く 採石場のプラントで砂や石がいつもあたったり擦れたりして
すぐに穴が開いてしまう場所に肉盛りするとほとんど穴が開かなくなったくらい
摩耗に強い溶接棒でしたからね。

肉盛りがガタガタでもそれほど燃費に影響することはなかったように思います。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


ブログパーツ