7月28日 観測点の様子 

カテゴリ:2015年稲作

くそ暑い日が続いています、昨日は9時ごろからは焼けるように暑かった。

オクラの収穫は4時から10時までやってるけど

10時には熱中症で倒れるかと思うくらいになってました。

稲にとってはよいかもしれないが夜温が下がらなくなるのはよくない。


田植えから102日 吉田の田んぼ(右)
010_20150729023332aa9.jpg

今年は傾穂期に入るまでが長いことかかってるような気がしますが

ようやく穂が垂れてきました。

雑草さえなければまずまずの出来なんですけどね。

012_20150729023334131.jpg

左から 1本苗 16本→16本 2本苗 38本→43本 3本苗 41本→41本

草丈 86cm→91cm  カラースケール 4.5→4.0

カラースケールの値が下がってきたけど

全体に見た感じではそれほど秋落ちしたようには見えない

この田は大量のオクラ残渣を鋤込んだけど案外色が褪めてきてます。

収量は4石近くあると思ってるけど収穫してみないと分からない。


田植えから95日 石田の田んぼ(右)
005_20150729023329c45.jpg

こちらも稲の大きさが全然違う

大柄な分 穂も長い ただ茎数はそれほど増えてないです。

006_20150729023331eb4.jpg

左から 3本苗 29本→28本 1本苗 24本→25本 2本苗 18本→18本

草丈 96cm→105cm カラースケール 4.8→4.5

茎数の変化はほぼ停止したので観測も終了しようと思ってます。

葉色は完璧への字に変化してるようで、今はゆっくり褪めていく感じです。

008_2015072902333376f.jpg

今年はあまり気にしてなかったけど コブノメイガが飛来してきてるようで

手で持ってるような葉がだいぶ出てました。

コブノメイガは葉を縦に綴ってるから葉が細く見えて 白く食害跡が見えます。

今から対策などする気もないですけどね。

道路沿いで色の薄い田んぼに硫安を入れたらものすごく色が濃くなってたけど

今はほかの田んぼとほとんど変わらないくらいまで薄くなっていますが

にがりの流し込みをやってたら近所の熱心なおばさんに「いかにも上手に作る」

なんて言われたけど、やっぱり経験で分かってきたことでしょう。

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


ブログパーツ