田んぼの耕うん深さを調べる 

カテゴリ:2015年稲作

田んぼの耕転も一通り終わりました

この前の講習で稲の高温障害対策には深耕が効果があるとの事

表面温度が上がっても田んぼの深いところの温度は上がりにくいので

高温による乳白米の発生が少なくなるとか。

それでまあ どれくらいの深さで耕せてるのか調べて見ました。

今回も動画です。



コメント

一寸一石

こんにちは!
チェーンケースを耕耘が済んだ方、時計回りにグルグルと回って耕すと、もう数センチ深く起こせますよ。
耕した跡へチェーンケースを田面より数センチ深く落とし込みます。
私はこの方法でロータリーで作土層15センチ確保してます。

mimapapaさんへ

なるほどね。
深起こしは爪の長さで制限があると思ってたけど、そんな方法もあったんですね。
大師匠井原さんは代かきの時に柔らかくなった土ならいくらでも深くできるなんて書いてましたね。

田植え機の操作性を考えるとちょっと躊躇してます。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


ブログパーツ