こりゃーいい 水田雑草ポケット図鑑 

カテゴリ:2014年稲作

毎月のように農協から月刊誌「アグリあなん」が届けられますが

今回は平成27年度水稲早期栽培管理歴とちいさな小冊子

除草剤のシリウスエグザの宣伝の入った水田雑草ポケット図鑑が

一緒に配られていました。

1図鑑

なんじゃい 除草剤の宣伝かいと思ってたんだけど

中身がものすごく良かった。

図鑑2

水田雑草のほぼすべてを網羅してる

写真も詳しく出されてて分かり易い

転載を禁ずって出てるから出せないけど

これだと写真を見ただけではっきりと見分けがつくと思います。


それでも見分けるのに迷った時には

図鑑3

たとえば イヌホタルイ クログワイ シズイ のよく似た雑草でも

その特徴を詳しく説明して見分け方を書いてある


そのほか


稲とノビエの見分け方は中期になると分かりにくいけど

節になる部分に稲は何もないけどノビエは葉舌と呼ばれる

先のとがったのが出てきて毛のような葉耳も出てくる

とか

オモダカ コナギ イヌホタルイでは それぞれ順番に

塊茎(かいけい)から発芽する 

種子から発芽するから葉先に種子殻が付いてる

種子から発芽するから茎の元に種子がある と図解で説明してる


これなら難しい見分け方も理解できそうです。


JAグループの全農と農薬の日産化学が作った小冊子みたい

農協に聞いてみたらあるかもしれないですよ。


最近は除草剤の効かない難防除雑草が増えてきていますが

その種類を特定できないとなかなかやっつけられません。

我が村でも手を焼いてるのが クログワイとキシュウスズメノヒエ

この名前にたどりつくのにだいぶ苦労しました。

こちらでは方言で呼んでるから それに合う農薬を使ってなかった


これからも今の除草剤に抵抗の出来た雑草がはびこってくる可能性もあり

こう言った図鑑は大事に取っておこうと思っています。





コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


ブログパーツ