稲刈り後の田んぼは荒く耕す 

カテゴリ:トラクター

日本全国ほとんどの田んぼで稲刈りは終わってるでしょう

最近ブログ訪問者の検索ワードに稲刈り後の田起こしについてのが多い

それでまあ私の考えを少し書いてみたい。


稲刈り後 なぜトラクターで耕起しなければいけないのか

それは稲わらや株を春の田植えまでに分解させるためと

田植えまでに雑草が生えないようにする為でしょう

もう一つ乾土効果を狙った面もあるはずです。


稲ワラや稲株を分解するのは田んぼに住むバクテリアに任せえるしかない

このバクテリアは2種類に分ける事が出来る

好気性バクテリアと謙気性バクテリア

気温が高い時は謙気性バクテリアが元気で空気のない土の中でも

どんどん有機物を分解してくれる

気温が低くなる秋から冬にかけては好気性バクテリアの方が活躍する

したがって田んぼの土は空気に触れるほど良い事になるでしょう

だから我が家ではなるべく荒く田んぼを耕しています。

ロータリーは1 トラクターのギヤは負荷が掛かるぎりぎりに車速を早くしてます

015_201411140705018a7.jpg

稲刈り直後の田んぼが湿ってる時に耕すとこんな感じになります

下の写真は田んぼがある程度乾いてから耕転したもの

002_20141114065321d9b.jpg

これは耕してから20日ほどしてからの写真です

ロータリーのリアカバーをなるべく効かせないようにすると

土の滞留がないのでもう少し荒く耕せるでしょう


2ヶ月もすると雨が降ったり晴天で乾燥したりを繰り返し

だんだんと土が細かくなり固く締まり込んできます。

最近では我が村でも2回目の耕転を始めてる家を見かけるようになりました。

この時もやはり荒く起こす

土が乾いているほど細かくなってしまいますがロータリーは1速で耕すのが良いと思う

米価低迷の折り なるべく燃料と爪のちびを減らす努力もしましょう


秋鋤き 冬鋤きはトラクターの爪でワラを細かくするんじゃなく

バクテリアを上手に使って分解するのを意識して耕しましょうよ。

コメント

Re:稲刈り後の田んぼは荒く耕す

こんばんは
私もかずさんと同じような耕し方をしています。

米ぬかが手に入るので90kg/10a程を散布して稲わらの分解を早めています。

しかし、雨が多いので田んぼがぬかるんで米ぬかの散布が途中までしか進んでいません。

困ったものです。

みつばちさんへ

普通は稲ワラの分解の為に石灰窒素を撒いてる家が多いですが
有機窒素でも十分分解の手助けができますね

微生物がワラを分解する時に窒素を必要としますが
ワラの炭素率が高いのでどうしても分解のスピードが落ちてしまう
米ぬか散布はいいアイデアです
土も肥沃になってフカフカになる事と期待したいです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


ブログパーツ