慣行V字稲作の稲刈り 

カテゴリ:2014年稲作

機械仕事だけを請け負っている村の人の田んぼ

面積が小さすぎて誰もやってくれないからかわいそうで

田植えや稲刈り 田んぼの耕転まで全部やってあげています。

面積はわずか5アールです。

002_2014082804550752e.jpg

通常の作り方で地力資材にリンスターを反当20kg

元肥に一発肥を反当40kg入れただけ

60株植えの密埴です。

005_20140828045832672.jpg

V字稲作の特徴 短カン短穂多穂

短カン カンの漢字が出てこないけど草丈が短いという意味です

短穂は短い穂に仕上げて登熟歩合を上げようとする事

そして最後の多穂にはなってない

004_20140828050513560.jpg

切り株はこんな感じですからね

田んぼが小さいほど 畔際の占める割合が多くなる

畔際は特によく出来るから この田んぼも毎年3石6斗の収量を上げています。

006_20140828050814369.jpg

疎埴にしてもっと肥料をやれば収量はまだ上がるだろうけど

作ってる人はそれだけの勇気がないみたいです。

今年の天候不順でもいつも通りの収穫量になりました。

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


ブログパーツ