コンバインの引き起こしチェーンを短くする 

カテゴリ:未分類

台風の影響で相変わらず雨が降ったりやんだり

振るとなると大粒の雨が降ってきます。


去年 コンバインの引き起こしチェーンが伸びて

引き起こし爪(タイン)が噛みこんで困ったのを思い出し

チェーンを一こま外して短くする作業をしました。

テンションスプロケット

その時に出した写真ですが 前のカバーを全部はずすとテンションスプロケットまで見えます


それで今回の写真

20140808_152200.jpg

コンバインの前面 引き起こし部ですが前のカバーは外してあります。

チェーンを短くする時は一こま外すとかなりの長さ短くなるので

張りしろがいっぱいまで張ってなおかつチェーンが緩んだ状態じゃないと

一こま外した後つなげなくなるから気を付ける事

20140808_152305.jpg

スマホで撮ったからぶれてますが テンションスプロケットの部分

張りしろはいっぱいまで上がってました。

チェーンは一ヶ所だけ外せる部分があります

20140808_152209.jpg

ちょうど真ん中のあたり U字型の部品で止まってます

これを押し下げると外れる

そのすぐそばの一こまを外すんだけど 専門の工具がないとなかなか難しい

サンダーですり落としても行ける


四国クボタにやり方の手順を聞こうと電話したら すぐに来てくれて

結局 シャコ万力のような工具で外してくれた

後は つなぐ作業だけど テンションスプロケットを押し下げながらつなぐ

これが力が居るんだけど 何とかつながった。


今年は雨が多いので、この引き起こし部はかなり負担がかかると思う

チェーンのたるみもほとんどなくなって快調に稲刈りができるはずなんだけど

さて台風が直撃したらどうなる事かです。

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


ブログパーツ