稲の節間を計る 

カテゴリ:2014年稲作

今度の台風11号はコース的に四国のすぐ北の方を通過しそうです

稲の穂が重くなってくると倒伏の覚悟をしておかないといけない

稲がなぜ倒れるのか 足元が固くなってなかったら根こそぎ倒伏(株ごと倒れる)

下位節間が伸び過ぎていると挫折倒伏(地際から少し上がったところでぽっきり折れる)

稲が固く 下位節間も短いと湾曲倒伏  これが理想の姿


だから稲の節は大事な役目を果たしてる

田んぼで計ってみた

018_20140806145745bcf.jpg

いつも観測点にしてる石田の田んぼ(左)

001_2014080717595528c.jpg

写真をクリックすればメジャーのメモリが見えるはず

生き葉3枚 穂の長さが意外に短い

002_20140807175956c65.jpg

葉を取ると節が見えてくる

分かりやすいように節に葉の切れ端を置いてみた

第3節が6cmくらい 第4節はなかった

003_2014080717595784c.jpg

穂首節で折り曲げるて穂首の方が長かったら倒伏に強い

十分な比率だと思う


もう一枚 化学肥料で育ててものすごく草丈が伸びた田んぼ

010_20140807180700ebf.jpg

ちょっと思い切って肥料をやったけど やりすぎ

かなり草丈が伸びてしまった

013_20140807180702438.jpg

切りだす途中で剥がれたけど 生き葉4枚

足元が写ってないけど 草丈110cmもある

015_20140807180703f07.jpg

ほんと長すぎてカメラを引いても全部が入らないんですよ

各節に切った葉を置いてあるけど こちらも第3節が6cmくらい

第4節はやっぱりありませんでした。

016_20140807180705480.jpg

穂首節で二つ折りにしたけどやはり穂首が長い

たぶん倒伏はないと信じてますよ。


通常のV字稲作では初期に茎数を増やしてあるから

止め葉から数えて第5葉が出る頃には過密状態

この頃から分げつが止まって節が出来てくる(節間伸長)

過密状態では横に広がれないから上に伸びる

第4節や第5節が伸びて倒伏の原因になるんですね。

への字稲はこの頃 まだ分げつを続けてますから下位節が伸びないんですね。

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


ブログパーツ