V字稲作 多収を狙うなら一発肥料は使わない 

カテゴリ:2014年稲作

我が家のお米が売り切れになった後 

ご近所農家のミルキークイーンを販売していますが

この方の家に最後の仕入れに行った時田んぼを見てきました、

002_201408020315279de.jpg

専業農家の方で主に長ネギを作ってたんだけど 今年から稲の面積を増やした

ネギの向こうの田んぼはほとんどこの方の田んぼです。


稲作の事をだいぶ話したけど やっぱり多収するには

元肥と穂肥を別々にやった方が良いとの事

一発肥料では穂肥のタイミングが合わない事が多い

004_20140802031528ac5.jpg

これがミルキークイーンの現在の姿

への字稲のように開帳して分げつも少し多め

青々として下葉枯れも全くない

少し腰高ですががっしりとした出来で穂も長い

根こそぎ倒伏が心配だから 中干しもきつめにやってるとの事


元肥に40kg 窒素量4.8kg 穂肥BBみのり20kg 窒素量3kg

穂肥のタイミングは 一株を手で束にしてすごき上げて

一番長くて大きい茎(親茎)を切り取ってきて 縦に切り

幼穂の長さを調べて 約1cmの時にやる

005_20140802031529fd0.jpg

これはよその田んぼ(左)と比較した写真ですが

草丈も高いですが 穂の長さが全然違って長い

007_2014080203153052a.jpg

こちらも隣(左)と比較した写真ですが 稲の出来は一目瞭然

大きな穂を付けるにはある程度稲の草丈も大きくならないとできないとか

植え付け密度は我が家と同じ坪37株

V字稲作でも作り方でこれほど見事になるお手本のような稲でした。

008_201408020315357cf.jpg

穂肥をやる時の機械 大型の散粒器を使っているようですが

反当10分くらいで出来るそうです。


今までへの字稲作で慣行V字稲作の悪口ばかり書いてきましたが

この稲を見ると改めて穂肥のよさが分かってきた気がします。

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


ブログパーツ