田んぼの水口をL字型塩ビ管に改造 

カテゴリ:2014年稲作

一昨年から引き受けた田んぼは水持ちが悪く

最初の年はかなりヒエを生やしてしまった。

水持ちの悪い原因は去年つきとめたんですが

田んぼの水口からコンクリートの隙間を伝って水が抜けていました。

それで改造をする事にした。

006_20140331045919f6e.jpg

前のコンクリートを割って取り除いているところですが

何層にも上にモルタルを入れていたみたいだけど隙間だらけ

008_2014033104592141e.jpg

水で洗い流すとこんな状態だった。

これでは下の方の隙間から水が流れ出てしまうわけだ。


なんでこんな事をしていたかと言うと 水口が低いといつも堰をしないといけないし

高すぎると用水を堰上げても水位があまり上がらない場所なので水が入りにくい

それで何度か手直しをしたようです。

用水の水位が低い時でも水が入り易く 止水も簡単に出来る方法に変えた

L字型塩ビ管(エルボ)を使うと簡単です。

010_20140331045922a63.jpg

ダイキでモルタルを買ってきました。

モルタルと言うのは セメントと砂を混ぜ合わせたもの。

セメントだけでは固まらないので最初から砂が混ぜてあるのが便利です。

012_20140331045923505.jpg

水を加えながら混ぜ合わす 下の方が混ざりにくいので底から十分混ぜる

009_201403310512255ec.jpg

出来あがったモルタルを入れて行き

250mmの塩ビ管を切ったのを2本用意して

一本を水口にモルタルで包むように入れておきます。

もう一本はエルボの片方に取りつけて

013_20140331051226700.jpg

二日もすれば固まるから型枠を外して取りつければ出来あがり

のりづけしないから取り外しは簡単だし

水も完璧に止まります。

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


ブログパーツ