イセキ新型トラクターNT25が来た 

カテゴリ:2014年稲作

思い切って5年のオールローンで買ったトラクター

数日前から倉庫に納車されてましたが、試運転と説明に来てもらいました。

057_201403180519419e9.jpg

隣の組と共同で使ってる倉庫 右側の赤いトラクターはクボタの25馬力

同じ25馬力でも我が家のトラクターが一回り大きいです。

イセキでもTH5型だと小さいけど、西岡商会のMさんに勧められてNT型にした。

064_20140318051942d07.jpg

田んぼではこんな感じで以前に比べて大きくて気持ちがいいです。


操作はかなり簡単に出来るようになってます

051_20140318051943f98.jpg

路上走行と耕運の切り替えがハンドルの横にある

田んぼで旋回する時に前輪が早く回る倍速ターンが路上走行では切れているし

その他の自動が切れて安全に走れるようになってる。


耕うんに切り替えると枕地でハンドルを切った時やバックに入れた時など

自動でロータリーが上がるよう出来たり

055_20140318051945cb6.jpg

ロータリーを下ろす時 急激に下がるけど地際でゆっくりとなるデセラの機能

自動耕深や自動水平の感度調整など 右わきのパネルで出来ます。


右側にあるダイヤルは 自動更新の深さ調整とロータリーを上げた時に爪の回転を止める切り替え

056_20140318053814fc9.jpg

このアップストップの機能は隅の盛り上がりを防げると思う


ロータリーの上げ下げは田んぼでいったん下ろすと後は小さなレバーで出来る

053_20140318053816dca.jpg

それこそフィンガータッチだね。


前進後進の切り替えもやはり短いレバー 田んぼではクラッチを踏まなくても出来る

054_201403180538170c2.jpg


ロータリーのカバーをワンタッチでロック出来るのは便利そうです

037_20140318055012710.jpg

リアカバーをこんなに持ち上げてロックできますからね

036_20140318055013d11.jpg

からまん棒が最初から付いてるから 菜の花の巻き付きもほとんどなし

両サイドの軸受あたりにも巻き付き防止の小さな爪が付いてる

リアカバーを下げた状態でもロック出来るのでロータリーの前側についてるスタンドを下ろすと

トラクターから外してもそのまま固定できるようになってる。


土の細かさはロータリーに滞留する土の量によって変わるけど

今までリアカバーを押しつけるスプリングでやってたのが

今度のトラクターは ロータリーカバー全体が前後に傾くようになってる

042_20140318055647fde.jpg

目印のラベルを見ながら小さなハンドルを回して角度を変えられる

これも便利な機能だと思います。


さてやっぱり 嫁さんを乗せたいでしょ

069_20140318060334767.jpg

小さな田んぼで少し練習して

072_2014031806033611a.jpg

大きな田んぼはかなり早く耕せるようになりました。


さあ 田植えも近づいてきたし一気に菜の花を鋤き込みますよ。

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


ブログパーツ