今年の施肥設計 

カテゴリ:2014年稲作

忙しくなってきてブログの更新が止まってました。

決してアル中管理人が飲み過ぎで倒れたわけではありません



少し暖かくなったのと雨も降ったりしたので

収穫してる菜の花が一気に出てきててんてこ舞いです。

おかげて値段もガクンと下がった 忙しい割に儲かってない

いちばん喜んでるのは農協さんだろうね。

この上に檀家寺の道淨寺で8年に一回の降誕会(ごうたんえ)が4月にあるので

寺総代をやってるからそれの準備に追われています。


さて今年の稲作り なおいっそう有機栽培に近づけて行こうと思ってます。

緑肥の菜の花はまずまずに育ってますが、この上に鶏糞を去年より多めに入れ

化学肥料の硫安を止める つまり有機肥料のみで育てる。

窒素量の計算を間違うと倒れるか 収穫量がガタ減りになるかのどちらかでしょう。

ただ有機栽培とは言えないのは除草剤を使うからです。

毎年悩まされた雑草のクログワイとキシュウスズメノヒエは

除草剤の選定が良かったのか、だいぶ少なくなってきました

それで除草剤の使用も田植え同時散布の一回だけにする。

そして食味アップを狙ってニガリを使ってみるつもりだけど

その時期と量が問題

おそらく代かき前に散布すると初期に発生するアオミドロがひどくなるはず

中期からやると表層のみだから流亡しやすいから

うまくやらないと無駄になってしまうかもしれない。


さて家の奥さんが言うのよ

なるべく経費を掛けずに多収して農協に出荷すればってね

それで4反くらいはその方法で農協出荷も考えています。


さて菜の花収穫とオクラの種まき 田植えの準備とまだまだ忙しくなってきます

去年の暮れに会社を退職して専業農家になる予定だったのが

なかなか予定通りにいかない 会社の方針も先が見えないから

どちらになってもよいようにすべて手掛ける

まだまだ忙しくなりそうだけど やるっきゃないでしょう

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


ブログパーツ