菜の花緑肥 その後 

カテゴリ:菜の花(緑肥)

やっぱり種まきは早いほど良い

9月25日頃種まきした窪地

001_20131106034039774.jpg

きれいに生えそろって少し大きくなってます

うまくすれば営業用に出荷できるかもしれない


その西側の篠原の田んぼ 2.3反

002_20131106034041124.jpg

手前の方が少し発芽率が悪いがそれでも何とか生えそろってます

去年と同じような草がびっしりと生えてるのは田んぼのPHに関係ありそうだけど

いまだに計った事がない

003_201311060340423b7.jpg

西側の道路沿いはこんな感じで大きくなったら見ごたえがありそうです


そして10月の10日から15日頃に種まきした東の田んぼのグループ

010_201311060350057f4.jpg

発芽はしてるんだけど遠目ではほとんど分からないくらい小さい

台風の影響で丸一日以上水没したけど なんとか生えてるみたい


一番東の田んぼは ごんべえのボトムシールがきれいにはまってなかったところ

種がエンドレスベルトの穴以外にも乗ってかなりたくさん落ちた部分

012_20131106035008ad0.jpg

そこだけ青くなるほど発芽してる

やっぱり種の量が多いほど良いと言う事か

014_20131106035009b4b.jpg

全体にはこんな感じでまだ目立って発芽してるようには見えない

まあ このまま様子を見るしかないですね。

コメント

Re:菜の花緑肥 その後

初めてまして。『菜の花』で検索してるとこちらを拝見させていただきました。
お米作りからいろいろ頑張っておられるようですね♪
ちなみに私もお隣、香川県で菜の花を出荷栽培しています。

種まき時期についてお話させてもらいます。

早生『花かんざし』中晩『花飾り』等はできれば9月10日までの種まきがベストです。
寒さに向かっていく時期の種まきは、少し大袈裟ですご1日違うだけでも10日間の成長が遅れるとおもった方がいいです。
天候等で撒けない時は、育苗してから移植します。我が家で毎年育苗です。その代わりデメリットとして少し病気に弱いところはあります。
しかし菜の花の場合、種まきが遅れると、大きく育たないまま、次々と花が咲いてしまって出荷にならない生産者をよく見受けます。

ですので私は、近所の生産者には種まきの時期だけはできるだけ早くするよう促してます。
大きく育てたほうが収穫量も収穫期間違います。

種まきに関して、言葉足らずな説明で失礼しますが
少しでも参考になればと思いました。



マキさんへ

コメントありがとうございます

『花かんざし』中晩『花飾り』の種まきが9月10日とは早いですね
確かに種まきが遅れるとそれを二乗したくらい成長が遅れるのは実感してます
ただあまり早くに種まきすると虫が付き易いからと指導員に言われて去年は9月27日に種まきしました。
育苗するのであれば9月10日でも可能な気がしますので、来年は挑戦してみたいと思います。
出荷するのは早いほど価格が高いですから。

よい情報をありがとうございました。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


ブログパーツ