稲刈り開始 

カテゴリ:2013年稲作

周りはほとんど稲刈りが終わってるけど、遅ればせながら

稲刈りを開始しました。

コンバインの使い方に関しては 一昨年に手刈りなしの稲刈り方法

手刈りなしの稲刈り方法 その2で記事にしました。

そして稲刈りに関する自分なりの考えはカテゴリー稲刈りにまとめてあります。


今年は嫁さんと娘が前日に畔際と四隅を手刈りしてくれてたので

やっぱりスムーズに稲刈りが出来ました。


窪地 0.7反

001_201308230452593fe.jpg

篠原の田んぼ 2.3反

002_2013082304544527a.jpg

合わせて3反の稲刈り 我が家の籾乾燥機は13石が2台

1反の籾の量は8石だから2台で3反までしか入らない

コンバインの能力も1日でそれくらいしか刈れないので丁度いい。


畔際を刈り取ると中の方は 少し腰高だけど結構分げつが取れてました

003_201308230459113c6.jpg

土も走り水を含めて7日間落水しましたから 十分固くなってます。


そして今年は意識的に浅こぎにしました。

006_20130823050129da9.jpg

左側の赤い三角の印は穂先がここまでと言う目印

右の2本の白い棒は こぎ深さを自動で調整するためのセンサー

1本だけ持ち上がってると こぎ深さは変わらないが

2本持ち上がると こぎ深さは浅くなる

2本とも持ち上がってないと こぎ深さは深くなる

ときどき ワラや雑草が引っ掛かって動かない時があるから気を付ける事


イネの下の方の籾がこげてないような気がしていままで深こぎしてきたけど

よく見てみると十分こぎ動の中を通過してる

深こぎをすると枝梗の切れ端などの量が増えて能率が極端に落ちて

コンバインロスが多くなる コンバインロスも記事にしてたなあ

今回 コンバインの印位置に穂先を合わせるとかなり負荷が軽くなり

2条借りで3速と2速でエンジン音を効きながら快適にできました。


今回も嫁さんが手伝ってくれて代わりにコンバインの運転

008_2013082305161351d.jpg

だいぶ慣れてきて かっこよくやってました

011_201308230518151e0.jpg

田んぼの畔際では 最後に追い詰められたカエルがものすごい居た

013_20130823052015283.jpg

そして軽トラには カマキリ

015_201308230521049a3.jpg

グレンコンテナに入れる時は 高い位置から入れると

風でワラなどの籾以外の物をある程度飛ばせるから 後の籾すりがやり易い

019_201308230524413bf.jpg

稲刈りが終わる頃になるとカエルを狙ってか カラスやサギがやってくる

024_201308230527389da.jpg

3反分刈り終わって少し残った

ひょっとしたら収穫量は多いかも

027_201308230529597a6.jpg

そして去年近所から譲ってもらった乾燥機は水分計が壊れてたけど

ヤフオクでイセキのイチリュウくんを落札してあった

手前に付け替えておいたんだけど なんとか動いてるみたい

030_20130823053320547.jpg

ちゃんと水分値が出てるからね

これはうまく行ったと喜んでたら 夜に乾燥機からキャンキャンと音がし始め

だんだんとひどくなった。

どうも籾を繰り上げる部分のベアリングがダメなようで

潤滑剤をスプレーして何とか水分を17.5%まで落とした。


さて籾すりまで出来るんだろうか 心配です。

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


ブログパーツ