穂肥に過リン酸石灰をやっても変化なし 

カテゴリ:2013年稲作

我が家のオオジ 秋落ちを心配して過リン酸石灰を入れた

7月12日 走り穂の出る頃でした。 その記事

田んぼの半分だけやって変化を比べてみることにしたんです。

004_201308100433185fd.jpg

写真の右半分は過リン酸石灰を反当20kg入れた

左半分は何もしてない。

リン酸は実肥(みごえ)と呼ばれるくらいだから結実が良くなるはず

しかし実際には 全く変化なしです。

005_20130810043925b13.jpg

こちらは過リン酸石灰をやった方

当然のことながら 葉色が濃くなる事もなく目に見えて良くなったと思えない


006_20130810044114bef.jpg

こちらは何もやってない方 カメラの向きが変わったので色がおかしくなってますが

どちらも葉色は同じでした。


そして止め葉の固さ 稲穂の充実度 手で握って確認しましたが

全く変わりはありませんでした。


窒素やカリはやっただけ稲は吸収してくれるけど

リン酸だけは必要以上に吸収しないと言われますから

過石でのリン酸効果はほとんど認められなかったです。

もう少し先で稲が湾曲し出した時には違いが出るかもわかりませんね

硫安より少し値段が高い過リン酸石灰 入れても変わらないのなら

無駄な事かも知れん。


やっぱり 「男は度胸 女は愛嬌 稲は窒素」ですか・・・  なんのこっちゃ

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


ブログパーツ