古米を新米に変える精米 

カテゴリ:未分類

スーパーでは店長お勧めのお米が格安で売られてるでしょう

見た目は新米 炊いてみて味も匂いも新米のようだけどおいしくない

と言うより食べられたもんじゃない

なんて事があるでしょう。


実は

古米にスプレーして精米するだけで新米みたいに変える添加物があるんです。

名付けて精米改良材

精米する時に3倍に薄めて玄米に噴霧し 精米すると

古米のにおいを消し 新米のような艶を出し白く仕上がり 味も新米のようになる

夢のような話ですが、実際今も使われているみたいです。

このメーカーは精米の加工助剤に当たるから表示の義務は必要ないとか

今世の中に出回ってる米にどこまで使われてるのか見当もつかないです。


精米改良材の成分ですが

D-ソルビット     合成甘味料だから甘みを付けて保湿効果もある

リン酸塩       砕け米になり易い古米を割れにくくする

プロプレングリコール 石油精製で得られる物質で液体プラスチックのようなもの


どうです古米から生まれ変わった新米  プラスチック米と呼んだ方が良いかもね

知らず知らずに食べさせられてるかもですよ。


そしてもう一つ コンビニのおにぎりが異常に白く艶があると思いませんか?

確かにおいしいのですが、これには炊飯改良剤が使われてるらしい

きれいでおいしけりゃいいじゃないって言う人もあるでしょうが

果たして安全かどうかはちょっと疑問ですね。


我が家はお米の販売で予約米のキャンセルが出て冷蔵庫を空ける為に

格安でショップに出してますが、世の中こんなマジックを使ってたとはね


精米改良剤に関してのページを参考にさせてもらいました。


炊飯改良剤はこれの事なのか 外国産米をおいしく炊飯スーパーミオラ 1kg袋 【業務用】

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


ブログパーツ