硫安の追肥は半月で褪めてくる 

カテゴリ:2013年稲作

今年はたくさん米を取るぞって勢い込んで

田植え前に鶏糞150kg入れた上に硫安10kgの追肥をした

色も上がったけど葉がベロベロに垂れてしまってあわてました。


だけど即効性の硫安はやっぱり息切れするのも早く

半月で色が褪めてきました。

003_20130626034848.jpg

我が家のオオジ かなり色ムラが出てきて褪めてきたのがはっきり分かります

垂れ葉もかなり解消されました。

現在12葉が出切ったくらい

004_20130626035324.jpg

水位も下げて水深4cmくらいにし 間断灌漑に持っていきます

分げつはかなり増えすぎで条間が見えないくらいになってますが

後は稲に任せますわ。


他の田んぼも色は薄くなってきてるので一安心ですが

005_20130626035655.jpg

もう少しシャキッと葉が立ちって欲しいところです。


への字の仲間 Yさんの田んぼ(右) 左は慣行V字栽培

007_20130626035952.jpg

硫安20kgのへの字追肥したけど

葉色は上がってきたものの 分げつが物足りない

008_20130626040052.jpg

株もぞっくり形で増えてくる気配がない

低い田んぼだから最初からすっ飛ばして深水を続けたせいだと思う

初期は除草剤を効かす期間以外は浅水の方が根張りはよいはず


硫安をもう10kg追肥して水位も下げるように話したけど

どうなるんだろう


出穂30日前の追肥は止め葉肥えとなり

止め葉が伸び過ぎて横に向いてしまう

その結果 下位の葉に光があたらず光合成が抑制される

だけどそんなこと言ってられない

茎数不足は致命的に減収するからね。


こちらは観測点にしてる窪地

012_20130626041016.jpg

条間が分からなくなるほど茂ってるけど

真上から見ると

013_20130626041108.jpg

こんな感じでスカスカ

去年の45株で植えてたのとガラリと雰囲気が違う

終盤のじわじわと倒れるのさえなければ 今年は期待できそうな気がします。


少し前に農協の営農指導員と話す機会があって

うまいコメは小肥で小作りにしないとできない

魚沼産コシヒカリは有名だけど 高い肥料(マグロを原料にしてるらしい)を使って

反当2石(300kg)しか取れてないとか

実際に行って見てきたと話してました。


への字稲作では穂肥をやらないから 米のたんぱく質含有量が上がらない

だから多収しても味が悪くなる事はないはず

むしろよく出来た稲の方が米粒が大きく おいしくなると思ってるんですけどね~・・。

コメント

今年初めてのへの字で、去年全然収量が取れなかった田にコシヒカリを植え、元肥ゼロで硫安15キロ振ったら、いきなり伸びて焦りました。
止め葉肥えになって無ければよいのですが…。

私も特栽米コシの方は、魚系の有機肥料使ってます。
への字で穂肥もやらず、食味が良くなることを期待して!

minapapaさんへ

無肥料出発のへの字稲作は苗が肥料を求めて根っこを十分伸ばしてるから肥食いがいいんですよね。
草丈も伸びますが茎も太いからずっしりとした感じになってませんか?
一昨年 菜の花緑肥の上に硫安を7キロのつもりが間違えて15キロも入れてしまったけど倒れなかった。
湾曲はしますが根っこからぽっきり行く事はないです。

止め葉が出始めるのは出穂の20日くらい前ですから、まだまだ心配ないんじゃないかな。

茎数は少ないですが、茎が太く、株全体がズッシリした感じになってます。
何かへの字で育てたら、バランスが良いというか、稲本来の姿を見てるようで面白いですね!
完全にへの字栽倍にハマリました( ^ ^ )
今後は、北国なので緑肥は難しいので、どうやって1haのほ場のへの字追肥を機械化して楽できるか考えたいと思います。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


ブログパーツ