6月22日 観測点の様子 

カテゴリ:2013年稲作

台風は途中で消えてしまったけど、かなりの雨が降りましたので

ダムの水不足も解消し、取水制限は解除になりました。


田神の田んぼ(左)

013_20130623034335.jpg

隣は畝間が見えないくらい茂ってる

全部の茎に穂は付かない 草稲ばかりに喜んではダメですよ~

左の田んぼは硫安の追肥から2週間目ですが少し褪めてきた気がします

017_20130623034905.jpg


2本苗 20本→22本  1本苗 14本→18本  3本苗 27本→30本

カラースケール 5.5  草丈 70cm  葉齢 12.2葉


11枚目の出葉以降から上に伸びる節間伸長が始まってますので

ホントは落水して間断灌漑にすべきでしょうが、もう少し茎数抑制のため

深水を続けてみます。

茎数の増加が減ってきたのは、深水の効果もありますが

30cmの正方形植えでは株同士の根がらみが遅い時期になりますので

ちょうど今頃 隣の株と根っこが喧嘩を始めて分げつのスピードが遅くなります。

018_20130623040811.jpg

根っこが広々と伸びると地上部も広々と開帳してました。

すぐ隣の吉田の田んぼは条件が同じなのに色が濃い

019_20130623041047.jpg

去年 雑草残差で4石取りした田んぼですので

まだ地力として残ってるんでしょう

かなり葉が垂れてなかなか回復してきません。


窪地

020_20130623041312.jpg

こちらは田植え前に鶏糞150kg入れた田んぼ

硫安10kgの追肥から2週間目ですが少し色が薄くなってますが

垂れ葉はまだ続いています。

021_20130623041558.jpg


2本苗 25本→24本  1本苗 8本→8本  4本苗 16本→18本

カラースケール 6.0  草丈 65cm  葉齢 11.7葉

写真に写ってる手前の株は観測点に設定した株ではありません

もう少し上から撮らないと写らなくなってしまいました。

こちらも分げつはゆっくりとなってきましたが

田んぼの平均的茎数はもう少し多いので、出穂までには増えすぎるかもしれない。


大きな田んぼのグループも少し色は薄くなりましたが

まだまだ垂れ葉は回復してきません

024_20130623042343.jpg

この田んぼは菜の花もまずまず茂った木村の田んぼ

鶏糞と硫安を同じようにやったのでかなり窒素過多かもしれない


今川の田んぼ(右)

034_20130623042635.jpg

こちらは5月の連休植えですので出穂は少し遅れるはず

茎数は少し少ないですが、大雨の後 水を落とさず

増えすぎないように深水 現在水深12cmくらいあります。

037_20130623042949.jpg

3本苗 24本→30本  1本苗 13本→18本  2本苗 29本→32本

カラースケール 6.0  草丈 65cm  葉齢 10.9葉

垂れ葉はやっぱり続いてますが茎数はそれほど多くないので安心して見られます。

過繁茂にならなければ伸びあがって倒れる事はないでしょう

ただ止め葉が出るころにはシャキンと葉が立ってくれないと困る

止め葉が横に向くと下の葉に光があたらず光合成が抑制される


今年は葉色が濃い状態で雨が降ったけどイモチの発生はまだ見かけません


コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


ブログパーツ