オクラの支柱立てにくい打ち機を自作 

カテゴリ:オクラ

まあ~ 毎日忙しい

忙しく生きるために生きているのか いや 忙しさを楽しんでる管理人です。

とりあえず当面はオクラの支柱立てを完成しないといけない

これがなかなか進まないんですよね。


問題は支柱の長さ 最低で1m80cm 30cm土の中に打ち込んで高さは1m50cmになります

これを打ち込むには足場を作らなければ打てない

なんとか中ハンマーで叩き込んでましたが かなり時間がかかる

それでこんなのを作りました。

016_20130514205153.jpg

賢明な人は一目でわかるはずです

会社の端材で作ってきました。

直径10cmのパイプを30cmの長さ切り 上に30mmの鉄板を同じ直径に切って溶接してあります。

横から伸びてるのは手で持つ取ってのようなものです。


どうやって使うかと言うと

022_20130514205617.jpg

竹の頭にかぶせてパイプの長さ分持ち上げ打ちおろす

今まで大きなハンマーを逆向きに落してたのがうまく行かず効率が悪かったんですが

いとも簡単に竹が打ち込んでいけました。

020_20130514210037.jpg

こんなに太い竹もすんなりと入って行きましたからね

もちろん先にショーセンで穴を深く空けておきます

021_20130514210203.jpg

これにはやっぱり大ハンマーを使ってます

まあ 工夫次第で作業の効率化は進めるもんです。

025_20130514210421.jpg

日曜日の倍のスピードで出来ました

今週中には支柱立ては終わるでしょう。

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


ブログパーツ