イセキの展示会に行ってきました 

カテゴリ:未分類

井関農機の販売店は徳島県では西岡商会が全部やってるみたいで

その西岡商会の小松島営業所に行ってきした。


今までの米作りは全部独学で自分で勉強しながらやってきましたが

他でも話を聞いておくべきだと考えたからです。

イセキが勧めてる疎埴栽培の講習もあるとかで、話を聞きに行きました。


13時から始まるところを40分ほど遅れて行きましたが

すでに田植えの講習が終わったところでした。

035_20130402054838.jpg

最後の周回植えをどうやってるのか見たかったんだけど

植えた跡を見てみると 37株の一株2~3本植えと言う感じ

036_20130402055138.jpg

私が毎年やってるのとほとんど変わらなかった

ただ欠株はほとんどなかったです。


その後 畔際のディスクを掛けてみたり

041_20130402060023.jpg

グランドソワーを簡単にばらして掃除が出来るのを見せてもらい

044_20130402060239.jpg

ディスクロータリーで耕すところ マイクを付けて説明してくれてます

047.jpg

他にも機械を動かして見せてもらった後

疎埴栽培の講習です。

067.jpg

この方が西岡商会の社長のようです

徳島県の疎埴栽培の面積が370ヘクタールになったと話してました。


続いて井関農機から来た方から疎埴栽培の話を聞きました

070.jpg

イセキが勧めてるのは密播疎埴 苗は2合播きだとか

苗も見たけどそれほど腰高苗でもなかった。

1反に5枚しか使わないと言うからすごいもんですね。

田植え前の耕起の方法から稲刈りまでびっしりと話がありましたが

ほとんど今まで自分で勉強してきたことと同じでした。

お米の成分の話なんかはさらっと流してましたが

お百姓のオジサンがタンパク含有量とかデンプンのアミロースやアミロペクチン

その場で聞いて理解出来るんかね~


続いて肥料屋さんの話

072_20130402062228.jpg

今年の天気予測から 乳白米を出さない施肥の方法など

穂肥をしっかりやると乳白米が出ないとか・・んん?

穂肥をやると稲が元気になり過ぎて呼吸作用が激しくなり

光合成で作ったでんぷんを夜の間に自分で使ってしまうんじゃなかったっけ


まだ話の途中でしたが田んぼの鶏糞撒きがまだ残ってたので

途中から帰ってきました。


また機会があればこう言った講習会には参加してみたいと思います。

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


ブログパーツ