菜の花の生草量 計ってみた 

カテゴリ:2013年稲作

今まで菜の花緑肥の生草量なんて計った事なかったんですが

今年はあまりにも出来が悪すぎるので調べてみることにしました。


まずまずに茂ったと思う石田 東の田んぼです

007_20130322045031.jpg

1m角に刈り取りました。

008_20130322045118.jpg

家に持ち帰って計ってみたら

010_20130322045255.jpg

1.3kgありました

1反は300坪で 991.735537 平方メートル(㎡)です。

約1000倍すればよいわけで 反当1.3トンの生草量

菜の花の窒素含有率は0.2~0.3%程度らしい

つまり反当3kg程度の窒素肥効が期待できるが

このうち稲に利用されるのは3割程度と言う事で

反当1kgと言う事になります。

新見農業普及センター発行の認定農業者ニュースを参考にした


そして出荷用に作った菜の花も調べてみました。

003_20130322050629.jpg

平均的な部分から1m角で刈り取り 計ってみると

006_20130322050741.jpg

なんと7kgもありました。

反当7トンの生草量

窒素量は 18kg程度になり

このうち稲に効くのは3割だから6kgの窒素肥効が期待できます。

つまり無肥料で行けるはずです。


さて菜の花の代わりに鶏糞をやるのですが どれくらいの量にするか

まだ検討中です

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


ブログパーツ