自作畝立て器で畝立て 

カテゴリ:トラクター

オクラ用に畝立てした時の様子を動画にしました



作った畝立て成型板はこんな感じです

044.jpg

トラクターの耕転幅が150cmで畝の裾幅が110cmですので

左右20cmづつフラットに土を掻きよせるようにしてあります

そしてリアカバーの角度に合わせて取り付け部分は斜めに溶接してます。

041.jpg

前から見るとこんな感じです。


そしてロータリーの前に付ける土寄せ板

039.jpg

ロータリーのシャフトに当たらないように真ん中を切りかいだり

後ろに傾かないようにロータリーのフロントカバーに当たるように

アングルを上に出したりしてます。

土が盛り上がるとシャフトのジョイントに入りますので

土を押し下げる鉄板も真ん中に付けました。

コメント

Re:自作畝立て器で畝立て

お世話になります。
動画、拝見しました。とても綺麗な畝になりますね。
私は溶接の機械もありませんし、アーク溶接の資格も持っていませんので、近所の鉄工所にお願いするのがベターと思ってます。
1つ質問があるのですが、成型器の鉄板の厚さは何mmなんでしょうか?
ご回答いただけると幸いです。

吉川さんへ

鉄板の厚みですが6mmを使ってます。
感じ的には4,5mmでもいけそうなきがしました。
リアカバーに取り付けた時の角度に注意してくださいね。

Re:自作畝立て器で畝立て

ご無沙汰してます。
「農機具ねっと」の「教えて!」に中田さん、回答されてましたね。
ブログのTOPページから、オリジナルの畝立器の作成販売も始めていただきたいです。

吉川さんへ

今のところ忙しくて進めてませんが、汎用性のある畝立て器が完成したら他の人にも使ってもらって便利さを味わってもらいたいですね。
稲刈りが終わったら取り組んでみます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


ブログパーツ