仏壇のお華束(つきおかざり)作り 

カテゴリ:行事

月日のたつのは早いもので 前妻がなくなってこんなになるのかと思いましたが

13回忌の法事をしました。

生前からこだわってた「つきおかざり」をそのために作りましたので記事にします。


「つきおかざり」はこちらの方言で 正式には お華束(けそく)と呼ぶようです。


普通にスーパーで売ってる米粉を3袋 もち米粉を1袋買ってきて混ぜ合わせ

水を加えて練っておきます。

006_20130203011541.jpg

適当にアンパンくらいの大きさに小分けしたものを丸めて茹でます

008_20130203011724.jpg

6mmくらいの厚みで伸ばせるようにした台の上で薄くのばします

012_20130203011938.jpg

これを20mmの水道のパイプを加工したものでくり抜いていきます。

011_20130203012121.jpg

できた薄い餅を竹串をさした台の上で段々に積み上げていきます

013_20130203012301.jpg

途中で外に広がらないように輪ゴムでとめながら積み上げていって

竹串が長過ぎたので台の少し上くらいで切りました。

015_20130203012401.jpg

完成したのがこれ 仏壇にお祭りしてます。

016_20130203012716.jpg

全体的にみるとこんな感じになりました。

023_20130203012826.jpg

今ではこんな手間のかかるお祭りものを作る家庭もほとんどなくなりましたが

綺麗にお飾りで来て ほんとによい法事が出来たと思ってます。


コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


ブログパーツ