猫神さんへ行ってきました 

カテゴリ:未分類

我が家から車で20分くらいの所 加茂町のお松権現に行ってきました。

DSCF2177.jpg

歩いているのは嫁さんと中国からの研修生


神社の由来を簡単に書くと

今から300年ほど前にこの地方で不作続きの年があり

庄屋の惣兵衛は村を救うために自分の田んぼ5反を担保に

近くの大富豪にお金を借りた。

返済の期限が近づいたときにたまたま道で出会ってお金を返すんだけど

通りすがりだから証文ももらわなかった。

やがて惣兵衛は病死してしまい、その後も証文がもらえず

妻のお松さんはその5反地も取られてしまう。

奉行所に訴えたお松さんはあまりにもきれいだったので

お奉行に狙われ 思い通りにならないと理不尽な判決を言い渡された。

困ったお松はお殿様に死を覚悟して直訴するのだけれど

その時に愛ネコに思いを託して処刑される。

この後 富豪家と奉行の家に化け猫が現れるようになり

両家とも断絶してしまう。


この猫の不思議にあやかって出来たのがお松権現

こちらの方ではネコ神さんと呼んでます。

DSCF2184.jpg

本堂の右横には願い事が書かれた絵馬がたくさんかかってます。

勝負の神さんとしても有名で 合格祈願に行く人も多いです。

DSCF2180.jpg

朱塗りの綺麗な本堂ですが 狛犬の代わりにコマネコになってますね。

DSCF2182.jpg

神社内の右側に資料館のようなところがありますが

ものすごい数の招き猫が飾られてます。

なんでもお参りした時に招き猫を買って帰って

願い事が叶ったり一年を過ぎると返しに来てもう少し大きいのを買って帰る

こういう人が多いのでどんどん増え続けてるみたいです。

DSCF2187.jpg

本堂の裏にはご神体が入ってるのでしょうか小さなお堂があります

手前にあるのはさすり猫 ネコをさすってやるとご利益があるとか

DSCF2188.jpg

そして社務所 定番通り招き猫とお守りなどを売ってました。

招き猫は右手を上げてるのと左手を上げてるのがあり

店の人に聞くと右手はお金を招き 左手は幸福を招くとか

もちろん研修生たちは買ってましたね これが目的でしたからね。



コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


ブログパーツ