出荷用菜の花 二回目の種まき 

カテゴリ:菜の花(つみ菜用)

前回の早生品種春雷に引き続き中手の花かざりの種まきをしました。

今度の田んぼは少し大きく 0.8反

前日に嫁さんが元肥をやってくれてました。

DSCF1872.jpg

例のアタッチメントを付けるとこんな高畝が出来ました。

畝間の土も少しあるだけでこれは簡単に畝盛が完成すると喜んでました。

DSCF1880.jpg

畔際ディスクも降ろして ロータリー4でゆっくりと耕します。

往復ディスクがかかるので両側に深い溝が出来ます。

DSCF1873.jpg

畝間の土を引き上げるのも畝の肩に寄せるだけ

少し低い部分が出来ますが天場を均すとまっすぐになります。

DSCF1877.jpg

これは半日で終われると思いきや

畝の割り振りをせずにやったものだから

畝間が広かったり狭かったりになって かき上げる土が多くなってしまった。

DSCF1883.jpg

トタクターの右に残してあるのは最後に畝上げをしながら

田んぼから出ていくためです。

DSCF1893.jpg

畝間が広いところはこんなにたくさん土をよせないといけなかったです

なぜそこまで畝間にこだわるかと言うと

収穫の時にコンテナの台車が通れないと困る

だから30~40㎝の畝間が必要なわけです。

DSCF1882_20121008050520.jpg

今回は孫が来てたものだから嫁は子守にかかりっきり

全部一人で作業しました。

DSCF1909.jpg

もちろん種まきも自分でやりましたが

種まき機は前後を両手で持つと安定して出来ました。

DSCF1906_20121008050928.jpg

どうですこの台形畝と種まき跡

納得の仕事が出来ましたが、朝の7時半から夕方5時までかかってしまった

体はくたくたですが充実感がありますね。

晩酌はいつもの倍近く飲んでしまいましたわ。

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


ブログパーツ