2020年07月 の記事リスト

≪前月 |  2020年07月  | 翌月≫

ゴーヤの収穫 

カテゴリ:ゴーヤ

以前に記事にしたゴーヤですが

たくさんの実が大きくなってきたので収穫出荷しました。

SnapShot(25).jpg

出荷はSサイズから3Lまで5段階に分けて

サイズ毎に本数も決まってるので段ボールに入れて出します。

SnapShot(26).jpg

JA阿南の名前入りの箱で

一箱 12000円程度でしたのでちょっと楽しみです。


畑の方はあれからかなりツルが繁茂して

SnapShot(27).jpg

大雨と強風で下がってしまったのでなんとか手直ししました。


肥料は半月に一度S555を株元に半つかみほどやってましたが

前回はMリンpkをやってみました。

リン酸は花肥(ハナゴエ) 実肥(ミゴエ)と呼ばれるくらいだから

実を生らして大きくするにはよいかもしれない。

動画です


出穂しました 

カテゴリ:2020稲作

一番始めに田植えした田んぼで出穂してました。

予測通り14日頃の出穂となりました。

出穂

ジャンボタニシがいっぱい居る田んぼで除草剤を使ってません。

すぐ横の田んぼは今年から引き受けた田んぼで

窒素肥料は入れてないけど、雑草残渣でやっぱりすごい出来になってます。

1出穂


我が家の保有田(写真右)は生育がよすぎて中干しをきつくしたのと

2回目の追肥を尿素1kg減じたので色がだいぶ薄くなってしまいました。

左の田んぼは硫安20kgと尿素7kgですので

濃い色のまま走り穂が出てます。

2出穂

中干しをきつくした後 水を入れると下葉が枯れてきました。

根っこが水根から畑根に変わってしまったからでしょう。

3出穂 (2)

でもまあ 分げつ数も取れてることだし

安心してみてられるくらいです。

さて出穂からだいたい30日で稲刈りになるので

お盆過ぎか20日頃から稲刈りとなりそうです。

これからはしっかりと光合成して籾にデンプンを詰め込まなければならない

梅雨明けが遅くなりそうなので日照が心配だね。


ところでほんとにほんとに欲しかった念願の色彩選別機を購入しました。

20200715_154522.jpg

今年3月に発売開始したばかりの新型で

圧電素子を使ったピエゾバルブでエアバルブの反応を早くしたので

処理能力を上げているみたいです。

それにLED光源を使ってるので暖機運転が30分から5分に短縮したとか

新型にふさわしい機能があるみたいです。

20200715_154550.jpg

同時に購入したエアドライヤ内蔵のコンプレッサーですが

キャスターが付いてないので移動が大変

160kgもあるのでどうやって移動するか検討中です。

また詳しいことは試運転の頃にアップしますね。

≪前月 |  2020年07月  | 翌月≫

ブログパーツ